アーカイブ
Archives

2017年5月27日 展覧会

名古屋造形大学による展覧会「black,color」

アーティスト:木村充伯、タン・ルイ
会場:アートラボあいち2階、3階
会期:2017年5月27日(土)~6月25日(日)(開館日時:金土日祝、11時~19時)
企画:名古屋造形大学

A4black-colorfr.jpg A4black-colorbk.jpg

「BLACK,COLOR」‐木村充伯(きむらみつのり)とタン・ルイが平成23年に発行したミニカタログのタイトルです。「BLACK」は木村充伯をあらわします。彼は動物、人間、そして自然な色のものを作り出しています。原始的で静かな色だと感じる人もいるでしょう。「COLOR」はタン・ルイをあらわします。彼女は洗濯バサミ、マスキングテープや印刷物の切り抜きなどを用いて、鮮やかな色の生き物を作ります。これらの鮮やかな色は、昆虫や人間、生き物を誘惑することさえあります。「COLOR」つまり鮮やかに見える色彩は、レディメイドのものですので、それは存在として無害な無色透明に近いです。一方で、「BLACK」は、様々な色の幅や重なりによって生まれる「BLACK」で、それはカラフルです。

木村充伯 http://mitsunorikimura.blogspot.jp
1985年静岡県生まれ。静岡県を拠点に活動。2007年名古屋造形大学大学大学院修了。油絵の具を材料にした立体作品の制作やティッシュで拭き取ることでできる版画作品、壁面に木彫でつくられた猫の鼻をくっつけたっ作品などがある。近年は、表面が毛羽立っている木彫作品を多く制作している。現在、東京のケンジタキギャラリーで個展を開催中(2017年5月11日~6月17日)

タン・ルイ http://tanruyi.blogspot.jp
1973年マレーシア生まれ。静岡県を拠点に活動。2000年来日。2007年名古屋造形大学大学院修了。カラフルな洗濯バサミやポストイットなど、身近な日用品素材にした立体作品やコラージュによる平面作品などを制作している。また、子どもを対象としたワークショップも実施している。

「black,color」アーティストトーク
日時:2017年5月27日(土)16時30分~⒙時
ゲスト:服部浩之(インディペンデントキュレーター/アートラボあいちディレクター)

主 催:名古屋造形大学、あいちトリエンナーレ実行委員会