プロジェクト
Projects

2018年7月19日 パブリック・プログラム

人材育成プログラム「展覧会の体験をデザインする」

現在、受講生を募集しています。
※募集は締め切りました。

募集概要
 対象|アートにまつわるラーニングプログラムやマネジメントを職業にしたい方
 (例えば:芸術祭のスタッフをやってみたい、展覧会を企画してみたい、アートマネージメントに興味がある、アーティスト活動をしている、など)
 募集人員|10名程度
 実施期間|平成30年9月1日(土)〜11月30日(金)
 実施場所|アートラボあいち
 受講料|無料
 主催|あいちトリエンナーレ実行委員会
 企画|服部浩之、会田大也


人材育成プログラム概要
【理論編】
美学・美術史、キュレーション、ミュージアムエデュケーションなどをレクチャー形式で理論的に学びます。
「展覧会の体験を作るとは」
 日時:平成30年9月1日(土)午後4時から午後6時まで
 講師:服部浩之、会田大也
「ミュージアムエデュケーションとは」
 日時:平成30年9月17日(月・祝)午後4時から午後6時まで
 講師:会田大也
「展覧会の設営について」
 日時:平成30年10月13日(土)午後4時から午後6時まで
 講師:服部浩之、会田大也
「こんな設計で作られてました」
 日時:平成30年10月27日(土)午後4時から午後6時まで
 講師:服部浩之、会田大也

【実践編】
アートラボあいちで企画する展覧会を実践として位置付け、展覧会の準備作業や会期中の会場などの現場で、展覧会を作っていく活動を実際に体験していきます。
 搬入・展示作業期間|平成30年10月3日(水)〜10月26日(金)
 展示期間|平成30年10月27日(土)〜11月25日(日)[上記期間のうちの金・土・日・祝:計14日間]
 撤収・搬出期間|平成30年11月26日(月)〜11月30日(金)

応募条件
・服部浩之、会田大也による「展覧会の体験をデザインする」連続対談(全3回)を事前に読んでおくこと
http://aichitriennale.jp/ala/project/2018/p-002314.html
・「理論編」を原則全て受講可能であること
・「実践編」の各期間に参加可能であること
・高校生以上

受講申込
必要事項|受講希望者は、件名に[人材育成プログラム受講申込]と明記の上、以下①〜⑥をEメール本文に、⑦〜⑨を添付資料として、Eメールにてお申込み下さい。
①氏名(ふりがな)
②年齢
③学校名(在学中の場合)
④連絡先(メールアドレス、連絡のとれる電話番号
⑤面接の希望日(第2希望まで)
⑥「実践編」各期間の参加可能な日程
⑦プロフィール(顔写真付き)
⑧活動歴(あれば)
⑨作文(800~1200字程度、以下よりテーマを選択)
「これまで最も感動したこと」
「アートは必ず美しいのか」
「人が集まって初めて起きること」
※形式は自由。メールに添付して提出。

スケジュール
申込締切|平成30年8月12日(日)午後4時
書類選考期間|平成30年8月13日(月)〜8月16日(木)
面接期間|平成30年8月17日(金)、18日(土)、19日(日)
※アートラボあいちにて面接を行います
※上記の日程で面接不可能な場合は個別に調整します

申込締切|平成30年8月12日(日)午後4時まで
申込先|アートラボあいち「人材育成プログラム」係  ala@aichitriennale.jp

人材育成チラシ編集OLomote.jpg 人材育成チラシ編集OLura.jpg