dividual inc.

  • 2008年東京都にて設立
  • 東京都拠点

メディアアーティストの遠藤拓己と情報学研究者のドミニク・チェンによって設立されたベンチャー企業。のちにクリエイターの山本興一が加わる。「People will always need people(人がいる限り、人は人を求める)」をマントラ(会社の信念)に、テキスト原稿をタイピングする際の「筆跡」を可視化する「TypeTrace」や、日々の悩みや後悔を匿名で書き込むと誰かが慰めてくれるコミュニティサービス「リグレト」(2008-2017)、フォトメッセンジャーアプリの「Picsee」(2015)などを開発・運営。株主には家入一真など複数の著名エンジェル投資家のほか、MIT Media Labの伊藤穰一も名を連ねる。2018年1月にスマートニュース株式会社に参画するも、これまでdividual inc.として提供してきたサービスを継続して運営している。

主な作品発表・受賞歴

2012
「[インターネット アート これから]——ポスト・インターネットのリアリティ」NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]、東京
2008
第12回文化庁メディア芸術祭、東京、アート部門審査委員会推薦作品
2007
「文学の触覚」東京都写真美術館、東京
  • 《タイプトレース道~舞城王太郎之巻》 2007