エキソニモ

  • 1996年東京都にて結成
  • ニューヨーク(米国)拠点
  • Photo: Niko

千房けん輔と赤岩やえにより、1996年に結成されたアート・ユニット。インターネット黎明期よりネットそのものを題材に作品を制作・発表。ハッキング的な手法を得意とし、2000年以降は実空間での展示やパフォーマンスも行う。例えばGoogleのトップページ(www.google.com)を「インターネットの風景画」としてピクセル細部までアクリル絵の具で再現した《Natural Process》など、デジタル空間と物理空間をユーモラスに接続する手法に際立ったセンスを見せる。他に2012年より10数名のアーティスト等からなるコミュニティ「IDPW(アイパス)」を組織し、ネット上の商習慣を比喩的に実空間へと侵入させた「インターネットヤミ市」を開催、現在までに世界20以上の都市へと広がっている。

主な作品発表・受賞歴

2019
「ARTPORT: SUNRISE/SUNSET」ホイットニー美術館、ニューヨーク(米国)
2018
「ハロー・ワールド ポスト・ヒューマン時代に向けて」水戸芸術館現代美術ギャラリー、茨城
2012
第4回恵比寿映像祭 「映像のフィジカル」東京都写真美術館、 東京
2011
「世界制作の方法」国立国際美術館、大阪
2006
プリ・アルスエレクトロニカ2006、リンツ(オーストリア)、ネット・ヴィジョン部門ゴールデン・ニカ賞受賞
  • 《Kiss, or Dual Monitors》 2017
  • 「ハロー・ワールド ポスト・ヒューマン時代に向けて」水戸芸術館現代美術ギャラリー、茨城
  • Photo: Niko