藤原 葵

  • 1994年愛知県生まれ
  • 愛知県拠点

英国留学中から、「機動戦士ガンダム」や「エヴァンゲリオン」シリーズといったアニメのエフェクトを引用した多様な「爆発」を描き始める。強大な光を放ち、噴煙やきのこ雲を巻き起こしながら拡がる爆発の中心からは、無数のアルパカに似た空想上の生物が、弾けるように飛翔している。爆発のモチーフのルーツは、幼い頃から両親と親しんできたアニメの影響や、高校在学中に東日本大震災が起き、仙台にいた父と弟が被災した経験などにある。爆発を描くことを通じて、実際の災害や紛争、社会現象を考えながら制作している。

主な作品発表・受賞歴

2018
個展「形態」三菱一号館美術館、東京
2018
個展「日々爆発」gallery N、 愛知
2016
個展「Pixel」ブライトン大学フェニックス・ホール、ブライトン(英国)
2017
アートアワードトーキョー 丸の内 2017、東京、三菱地所賞受賞
  • 《Catastrophe》 2018
  • Photo: James Risdon