梁志和(リョン・チーウォー)+黄志恒(サラ・ウォン)

  • 1992年香港にて結成
  • 香港拠点

梁は、イタリアの写真アーカイヴ研究センター(CRAF)で写真文化を学んだ後、香港中文大学芸術課程修了。黄は、香港中文大学芸術科卒業、香港大学建筑学院園境建築課程修了。それぞれ個人として発表を行いつつ、1992年より共同制作を開始。2001年のヴェネツィア・ビエンナーレに、香港が行政区として初参加した際に二人が代表作家に選ばれ、高層ビルの間にのぞく空の形をクッキーにした《City Cookie》を発表。近年の《失われたもの博物館》は、古いスナップ写真に「たまたま写り込んだ無関係な人物」に焦点を当てる写真作品で、機械的にその場の全てを写しとってしまう写真の性質と、何気なく見過ごされてしまうものへの愛情が同居する。

主な作品発表

2018
大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018、新潟
2018
「4th APB Foundation Signature Art Prize」シンガポール国立博物館、シンガポール
2015
個展「Museum of the Lost」ブラインドスポット・ギャラリー、香港
2014
「The Part In The Story Where A Part Becomes A Part Of Something Else」ウィッテ・デ・ウィット現代美術センター、ロッテルダム(オランダ)
2011
「Instant · Eternal」平遥国際写真展、晋中(中国)
  • 《Girl In A White Shirt With Ponytail》 2014