連携企画事業

「あいちトリエンナーレ2019」と同時期に愛知県内で開催される、トリエンナーレのテーマや企画等と連携した内容で実施される事業を「連携企画事業」とし、相互に広報展開を図ります。

  • 企画展 インダス文明への道―栗田功コレクションを中心に―6月29日(土)~8月18日(日)

    • インダス文明へと連なる彩文土器群を中心に、南アジア先史・原始土器の魅力と世界の土器文化の広がりを紹介。
    • 開催場所|愛知県陶磁美術館
  • 夏季特別企画 ネイチャー・ワンダーランド7月20日(土)〜9月1日(日)

    • あそびやアートをきっかけに、身の回りにあるけれども見過ごしがちな自然に、いつもとは違う角度から目を向ける企画。
    • 開催場所|愛知県児童総合センター
  • クリムト展 ウィーンと日本 19007月23日(火)~10月14日(月・祝)

    • 19世紀末ウィーンを代表する画家グスタフ・クリムト没後100年を記念し、日本では過去最多となる25点以上の油彩画を紹介。
    • 開催場所|豊田市美術館
  • 思いと人形の間8月1日(木)~10月14日(月・祝)予定

    • メディアに溢れる情報が大衆を動かし、ひとりひとりの思いが疎かにされがちだと言われる現代、物言わぬモノである人形による表現の可能性を突きつめた、様々な人形劇・演劇企画公演。
    • 開催場所|損保ジャパン日本興亜人形劇場ひまわりホール 他1か所
  • 10周年記念 農村舞台アートプロジェクト2019 アートで蘇るとよたの農村舞台群8月4日(日)~18日(日)

    • 地域の文化財である農村舞台を「ギャラリー」や「劇場」として見立て、展覧会やライブを地域住民と共働で開催。
    • 開催場所|豊田市八柱神社(西中山町) 他6か所
  • 京都国立近代美術館所蔵 川勝コレクション 鐘渓窯 陶工・河井寬次郎展8月24日(土)~10月20日(日)

    • 京都国立近代美術館が所蔵する陶芸家・河井寬次郎のコレクションより、初期から晩年にいたる作品から河井の創作活動を振り返る。
    • 開催場所|愛知県陶磁美術館
  • アートと遊びと子どもをつなぐメディアプログラム
    メディア実験室
    9月7日(土)〜16日(月・祝)

    • あそびとメディアを実験してみようというお部屋。大学の研究室と連携し、小学校の教育とは違うプログラム思考を見つける企画。
    • 開催場所|愛知県児童総合センター
  • アッセンブリッジ・ナゴヤ20199月7日(土)~11月10日(日)予定

    • 名古屋の港まちを舞台に、音楽やアートが架け橋となり、まちと人が出会い、つながりが生まれ、新たな文化が育まれていくことを目指した音楽と現代美術のフェスティバル。
    • 開催場所|名古屋市名古屋港〜築地口エリア一帯
  • あいちアール・ブリュット障害者アーツ展9月11日(水)~16日(月・祝)

    • 障害のある方の芸術・文化活動を通じて、障害のある方の社会参加と障害への理解が深まり、障害の有無をこえた交流が広がることを目指す作品展。
    • 開催場所|名古屋市民ギャラリー矢田 他1か所
  • 「情の深みと浅さ」展10月1日(火)~10月14日(月・祝)

    • 「情」の複層性をテーマに愛知県内で活動するギャラリーが行う現代美術展。
    • 開催場所|ヤマザキマザック美術館
  • 七ツ寺共同スタジオプロジェクト「往還Ⅲ~見えぬ物語を聴こえぬ声に乗せて~」10月5日(土)・6日(日)

    • 異なった価値や境界を巡る往還のなかで様々な可能性を紡ぎ出す。沖縄の作家、崎山多美の小説を、生演奏や踊りを交えた朗読劇として上演。
    • 開催場所|七ツ寺共同スタジオ