2016年06月22日 イベント

あいちトリエンナーレ2016 エデュケーションプログラム発表・参加者募集!(終了しました)

あいちトリエンナーレ2016では、子どもから大人までアートに触れ、体感できる場として、様々なエデュケーションプログラムを実施します。開幕に先立ち、ご家族で参加いただける鑑賞プログラムや、トリエンナーレ参加アーティストがワークショップを行うアーティストプログラムへの参加者を募集します。他にも、アートティーチング・トイで遊べる「ダミコルーム」や、だれもが創作活動を楽しめる「キャラヴァンファクトリー」など、事前申込不要の様々なプログラムを提供します。
※募集は終了しました

1 募集するプログラム
(1) プログラム名・内容
ア 鑑賞プログラム
子ども、家族、ベビーカー連れの保護者、高校生、障がいのある方など、対象に合わせた様々な鑑賞プログラムを実施します。

イ アーティストプログラム
あいちトリエンナーレ2016参加アーティストが行うワークショップを実施します。
※ 詳細は別添エデュケーションプログラムリーフレット「みる×しる×つくる=」を御覧ください。

(2) 参加・申込方法
平成28年7月1日(金)から受付を開始します。申込期限、申込方法等の詳細は別添エデュケーションプログラムリーフレット「みる×しる×つくる=」を御覧ください。

(3) 入場・参加費 
無料(一部、高校生以上の方は国際展のチケットが必要になるプログラムがあります。)

2 その他のプログラム(事前申込不要)
(1) プログラム名・内容
ア ダミコルーム
ニューヨーク近代美術館の初代教育部長ビクトル・ダミコが考案したアートを体験する装置「アートティーチング・トイ」が愛知芸術文化センターに登場します。みて、触れて、光・かたち・色など美術を構成する要素から直感的に刺激を受けることで、アートとの出会いを楽しみます。
toy_water02.JPG
アートティーチング・トイ体験の様子/提供:愛知県児童総合センター

イ キャラヴァンファクトリー
子どもから大人まで「創意工夫」を体験する、つくること、工夫することを楽しむ場所です。3つのプログラム「とことん」「のびのび」「いつでも」からどんなことができるか、自分の可能性にチャレンジします。
IMG_0082.JPG
キャラヴァンファクトリー試作会体験の様子

ウ トリエンナーレの作品理解を深めるための拠点「エスタシオン」
作品を見るヒントがつまった「キャラヴァンバッグ」やワークシートなどを貸出・配布し、美術鑑賞をサポートします。
※「エスタシオン」は「駅」を意味するポルトガル語。

エ 鑑賞プログラム「ガイドキャラヴァン」
ガイドから作品をみるポイントを聞きながら、参加者同士で作品を介して語り合うことを楽しみます。

(2) 参加・申込方法
当日受付(一部、整理券の配布を行うものや、1日2回受付を行うものがあります。)

(3) 入場・参加費 
無料(ガイドキャラヴァンへの参加や「キャラヴァンバッグ」の使用の際、高校生以上の方が国際展の会場に入場するには国際展のチケットが必要です。)

〈参考〉関連リーフレットの配布について
エデュケーションプログラムを紹介するリーフレットを3種類制作し、7月に県内全小・中・高等学校等へ配布します。

・リーフレット「みる×しる×つくる=」
 発行部数:約89万部
 配布先:県内小中学校、高等学校、特別支援学校、中等教育学校、高等専門学校他、美術館など関連施設にも配布
・リーフレット「あいちトリエンナーレでみる●しる▲つくる■」(中学生用)
 発行部数:約23万部
 配布先:県内中学校、特別支援学校、中等教育学校
・リーフレット「あいちトリエンナーレでみる●しる▲つくる■」(小学生用)
 発行部数:約44万部
 配布先:県内小学校、特別支援学校

3 問合せ先
あいちトリエンナーレ実行委員会事務局 事業第二グループ
(愛知県県民生活部文化芸術課国際芸術祭推進室内)
担当:市川、浦野
住所:〒461-8525 名古屋市東区東桜一丁目13-2 愛知芸術文化センター6階
電話:052-971-6127 FAX:052-971-6115
E-Mail: geijutsusai@pref.aichi.lg.jp