2016年7月14日 イベント

あいちトリエンナーレ2016 レクチャープログラム発表・参加者募集!アートとの出会いや新たな発見を楽しもう!!

あいちトリエンナーレ2016をより楽しむためのレクチャープログラムを実施します。このプログラムでは、参加アーティストや専門家など、様々な分野の人々が集い、語り合います。その様子はまさに旅人が集う「キャラヴァンサライ」のようです。

この度、シンポジウム、アーティストトーク、レクチャー、ディスカッション、フィールドワークの各プログラム(計約30本)を、名古屋、豊橋、岡崎の各会場で開催するにあたり、参加者を募集します。

1 開催するプログラム
(1)プログラム名・内容
ア シンポジウム
芸術監督やキュレーター、参加アーティスト、専門家がパネリストとして登壇し、各テーマについて議論を展開します。
イ アーティストトーク
参加アーティストが今回の出品作品やそのプロセス、コンセプトや問題意識などについてじっくり語ります。
ウ レクチャー
分野を超えた専門家が登場し、さまざまな角度からアートやトリエンナーレの魅力に迫ります。
エ ディスカッション
専門家によるレクチャーの後、参加者を交えて問題点について話し合う、双方向型のプログラムです。
オ フィールドワーク
まちの歴史や風景に潜む魅力を、まち歩きを通して発見していきます。
(2) 参加・申込方法
フィールドワークのみ要申込。その他のプログラムについては、申込不要です。各プログラムの開始30分前から受付を開始します。
(3) 参加費 
無料
※詳細は添付のリーフレットを御覧ください。

2 その他のプログラム(事前申込不要)
(1) プログラム名・内容
ア ゲストトーク
映像プログラムでは、上映会にあわせてゲストトークを実施します。
イ アフタートーク
パフォーミングアーツの終演後にアーティストによるアフタートークを実施します。
ウ コレクティブ・アジア
コラムプロジェクト「コレクティブ・アジア―オキュパイ/生存権/ユーモア」では、会期中の毎週水曜日19時30分にレクチャーを行います。
エ フロアトーク
8月11日(木・祝)~13日(土)に、各会場にて参加アーティストが出品作品を前に語るフロアトークを実施予定です。
(2)参加・申込方法
申込不要
(3)入場・参加費 
無料(国際展もしくは公演のチケットが必要になるプログラムがあります。)
※詳細は公式Webサイトhttp://aichitriennale.jp/(後日発表)を御覧ください。

3 問合せ先
あいちトリエンナーレ実行委員会事務局 事業第二グループ
(愛知県県民生活部文化芸術課国際芸術祭推進室内)
担当:市川、千葉
住所:〒461-8525 名古屋市東区東桜一丁目13-2 愛知芸術文化センター6階
電話:052-971-6127 FAX:052-971-6115