2016年07月19日 その他

あいちトリエンナーレ2016プロデュースオペラ「魔笛」の童子役及び東京バレエ団メンバーが決定しました

あいちトリエンナーレ2016プロデュースオペラ「魔笛」(公演日:9月17日(土)、19日(月・祝))に出演する童子役の募集オーディションを行い、以下の3名が決定しました。また、ダンサーとして出演する東京バレエ団のメンバー16名についても決定しました。詳細は別添のチラシをご覧ください。


●童子Ⅰ
井口 侑奏(いぐち ・ゆかな)
香川県出身。高松第一高等学校音楽科を経て、愛知県立芸術大学卒業、同大学大学院音楽研究科博士前期課程声楽領域を首席で修了。学部在籍時には学部定期演奏会および卒業演奏会に、大学院在籍時には北野生涯教育振興会の音楽奨学生となり、大学オペラ(マスネ《シンデレラ》ノエミ役、モーツァルト《コジ・ファン・トゥッテ》フィオルディリージ役)や大学院生によるコンサート(いずれも大学主催)に出演する。また、ベートーヴェンの交響曲第九番等の独唱、アメリカン・フットボール大会での国歌独唱を担当、日本演奏連盟主催の「新進演奏家育成プロジェクト」においては川瀬賢太郎指揮・名古屋フィルハーモニー交響楽団と共演。声楽を熊谷美子、熊谷公博、谷さおり、佐橋美起、森川栄子、C.ヴィスカ、三輪陽子の各氏に師事。

●童子Ⅱ
森 季子(もり・ときこ)
京都市立芸術大学大学院修了。修了時大学院賞受賞。京都芸術祭において毎日新聞社賞、京都市長賞、亀岡市長賞受賞。青山音楽賞新人賞受賞。ウィーン国立音楽大学リート・オラトリオ科に留学。宗教曲等では「ヨハネ受難曲」「戴冠ミサ」「第九」などのソリストを務める。オペラでは「フィガロの結婚」マルチェッリーナ/ケルビーノ/バルバリーナ、「皇帝ティートの慈悲」セスト、「タンホイザー」牧童、「ワルキューレ」ジークルーネ、「ラインの黄金」フリッカ、「ホフマン物語」ニクラウス、「天国と地獄」世間、「ヘンゼルとグレーテル」ヘンゼル、「子供と魔法」子供、「カヴァレリア・ルスティカーナ」サントゥッツァ、ほか多数出演。びわ湖ホール声楽アンサンブルソロ登録メンバー。

●童子Ⅲ
安藤 千尋(あんどう・ちひろ)
名古屋芸術大学音楽学部演奏学科声楽コース卒業。(公財)日本オペラ振興会オペラ歌手育成部第34期マスターコース修了。大学在学時、卒業演奏会等大学主催主要演奏会に出演し、卒業後新人演奏会にも出演。その後H.パーセル《ディドとエネアス》魔法使いの女、W.A.モーツァルト《魔笛》童子3、G.ドニゼッティ《ランメルモールのルチア》アリーサを演じ、コンサートにも多数出演。今年はピアノ伴奏にてL.V.ベートーヴェン交響曲第9番《合唱付き》のソリストを経験した。また老人ホーム等でミニコンサートを行う活動もしている。声楽を中島基晴、中井亮一、牧野真由美の各氏に師事。愛知県出身。藤原歌劇団準団員。

【問合せ先】
あいちトリエンナーレ実行委員会事務局 事業第一グループ
(愛知県県民生活部文化芸術課国際芸術祭推進室内)
住 所:〒461-8525 名古屋市東区東桜一丁目13-2
   愛知芸術文化センター6階
電 話:052-971-6127
FAX:052-971-6115
E-Mail:geijutsusai@pref.aichi.lg.jp