2016年08月24日 お知らせ

プロデュースオペラ「魔笛」演出家・出演者が知事を表敬訪問しました

本日8月24日(水)、プロデュースオペラ「魔笛」で、演出・美術・照明・衣裳を手掛ける勅使川原三郎と、王女パミーナ役を演じる森谷真理、ダンサーの佐東利穂子の3名が、大村秀章愛知県知事を表敬訪問しました。

Magic_flute_chiji.jpg

大村秀章知事は3名に、「ダンサーである勅使川原さんが演出を手掛け、森谷さんら第一線の歌手の方々に加えて、佐東さんと東京バレエ団のダンサーをお迎えするということで、トリエンナーレにふさわしい、新しい形のオペラになると期待しています。こうした作品にチャレンジできるのも、3年に一度の芸術祭だからこそでは。上演まであと1か月弱。8月は暑いので、体調管理に気をつけて良い舞台にしてください」と語りました。