2016年10月07日 一般

10月10日(月・祝)から中央広小路ビル2Fにて、国際展参加作家・山田亘によるプロジェクト「大愛知なるへそ新聞社」市民参加の成果展示を展開!(終了しました)

現在開催中のあいちトリエンナーレ2016国際展に出品中の写真家・美術家の山田亘による作品「大愛知なるへそ新聞社」あいちトリエンナーレ2016において、100名以上が参加中の市民参加プロジェクトである当企画も終盤を迎え、市民参加の成果の展示を会場内で展開します。

大愛知なるへそ新聞は市民の昔の個人的な体験や記憶を取材し、紙面上に手書きの記事で街を作るというプロジェクト。トリエンナーレの期間中、0号からスタートして、毎週水曜、日曜日に参加希望の市民記者が会場に集って制作する編集部として稼働し、現在13号までを印刷・発行してきています。10月に入り終盤の2週間である10月10日(月・祝)から10月23日(日)まで、現在までの全号や活動の様子などを一堂に見られる成果展示を開催いたします。

web大愛知なるへそ新聞社--3.jpg

期間:10月10日(月・祝)~10月23日(日)
場所:
栄会場 中央広小路ビル2F 山田 亘展示室「大愛知なるへそ新聞社」内
開場時間:11:00~19:00(期間中無休)
※入場するには国際展のチケットが必要です。