2017年1月25日 イベント

アートラボあいち長者町アーティストインレジデンスプログラム「まちとsynergism」の参加アーティストによる滞在制作が始まりました

アートラボあいち長者町の最後の企画として展開する、アーティストインレジデンスプログラム「まちとsynergism」。「滞在制作をとおして長者町地区の地域資源を生かすこと」をテーマに公募・審査をさせていただきました結果、下記2名のアーティストの参加が決定しました。

黒田大祐(広島県広島市在住)
 制作プラン「長者町に吹く風、「いつかのひこうき」」
川田知志(大阪府寝屋川市在住)
 制作プラン「一時的な空間構成が目的の壁画作品を、維持管理するために必要な方法を制作する」
※プロフィールの詳細、審査内容については、添付の資料をご覧ください。

また、参加アーティストの1人、川田知志さんの滞在制作が1月20日(金)から始まりました。1月28日(土)はオープンスタジオとアーティストトークイベントを予定しておりますので、ぜひ足をお運びください。

川田知志.jpg

■オープンスタジオ(川田知志)
日時:1月28日(土)11:00~19:00
会場:アートラボあいち長者町4階~5階
※オープンスタジオ実施日以外も、アーティストの滞在中は制作現場の見学が可能です。滞在予定につきましては、下記連絡先までお問い合わせください。

■アーティストトーク(川田知志)
日時:1月28日(土)16:00~17:00
会場:アートラボあいち長者町5階
登壇:川田知志(レジデンスアーティスト)
ゲスト:服部浩之(インディペンデント・キュレーター/あいちトリエンナーレ2016国際展キュレーター)
※トーク終了後(17:00~19:00)に、交流会(実費)を予定しております。

なお、黒田大祐さんの滞在制作は2月上旬から開始予定です。両アーティストのレジデンスによる成果物は、3月11日(土)~31日(金)のうち水曜~日曜の16日間で展示予定です。

■問い合わせ
あいちトリエンナーレ実行委員会事務局 事業第一グループ
(愛知県県民生活部文化芸術課国際芸術祭推進室内)
住所:〒461-8525 名古屋市東区東桜1-13-2 愛知芸術文化センター6階
TEL:052-971-6127 FAX:052-971-6115
E-Mail: geijutsusai@pref.aichi.lg.jp

■アーティストインレジデンスプログラムについてのお問い合わせ
アートラボあいち長者町
担当:寺島
住所:〒460-0003 名古屋市中区錦2-7-20 旧玉屋ビル3階~5階
TEL&FAX:052-961-6633(アートラボあいち大津橋と共通)
E-mail:info@artlab-aichi.com
URL:http://www.artlab-aichi.com

※作家の制作プランに関するお問い合わせは、アートラボあいちにて直接対応いたします。(TEL、メールではお受けできませんのでご容赦ください)
※制作プランは今後、滞在制作をとおして変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。