2018年2月7日 イベント

あいちトリエンナーレ大学連携プロジェクト「批評する身体:メディアと社会と表現と」を開催します

身体を用いた芸術表現は、絵画、彫刻等、歴史を振り返ると多様なかたちが存在します。
一方で、現代の芸術表現に目を向けると、様々な技術やメディアの飛躍的な発達に伴い、身体を駆使しつつも、それらを取り入れた新たな表現の形式が生まれています。
アーティストの作品は、その時代のメディアや技術にも大きな影響と刺激を受け、ときにそれらに疑問を投げかけることもあります。
本展は、展覧会タイトル「批評する身体:メディアと社会と表現と」というテーマのもと、愛知県立芸術大学、名古屋芸術大学、名古屋造形大学より推薦されたアーティストの中から1名ずつ選出し、その作品を展示します。

180129_批評する身体_A4チラシ -2.jpg 180131_批評する身体_A4チラシ_ura .jpg

 会  場:アートラボあいち3階展示室(入場無料)
 会  期:平成30年2月24日(土)から3月25日(日)の金曜日から日曜日・祝日
      (祝日を除く月曜日から木曜日は休館)
 開館時間:午前11時から午後7時まで
 出展作家:大崎のぶゆき(愛知県立芸術大学准教授)
      松野真知(名古屋芸術大学卒業生)
      磯部由香子(名古屋造形大学卒業生)
 主  催:あいちトリエンナーレ実行委員会、アートラボあいち、愛知県立芸術大学、名古屋芸術大学、名古屋造形大学

■関連イベントについて
 アーティストトーク
 会  場:アートラボあいち2階多目的スペース(入場・参加無料、申込不要)
 日  時:平成30年2月25日(日)午後5時から午後6時30分まで

■ALA Screenについて
 上記展覧会開催中、映像作品を上映するプログラム「ALA Screen」を実施します。
 第4回目となる今回は、様々な視覚メディアを駆使して映像インスタレーションを制作している萩原健一が、平成19年に制作した「sight seeing spot」を展示します。
 会  場:アートラボあいち2階多目的スペース(入場無料)
 会  期:平成30年2月24日(土)から3月25日(日)の金曜日から日曜日・祝日  
      (祝日を除く月曜日から木曜日は休館)
 開館時間:午前11時から午後7時まで
 主  催:あいちトリエンナーレ実行委員会、アートラボあいち

■問い合わせ先
 あいちトリエンナーレ実行委員会事務局 事業グループ
  住所:〒461-8525 名古屋市東区東桜1-13-2 愛知芸術文化センター6階
  TEL:052-971-6127 FAX:052-971-6115 E-Mail:triennale@pref.aichi.lg.jp