吉開 菜央
『Grand Bouquet』[日本初上映]

  • © 吉開菜央

自分よりも遥かに巨大な力を持つ「黒い塊」を前に言葉を紡ごうとする一人の女の物語。女は伝えたい気持ちを言葉にすることが出来ず、変わりに口から美しい花を吐き出す。本作は、世界的な潮流となった#MeTooなど、個人の告発が世論を動かす昨今の風潮にも影響を受けている。音響や触覚的表現にもこだわったが、一部の表現について刺激が強すぎるという理由で、美術館の意向のもと約50秒が黒塗りして公開されたことで、現在も物議を醸している。

吉開 菜央

  • 1987年山口県生まれ
  • 東京拠点
  • Photo: Natsuki Kuroda

映画作家、ダンサー、振付家として活動。日本女子体育大学舞踊学専攻卒業後、東京藝術大学大学院映像研究科メディア映像専攻修了。生き物ならではの身体的な感覚や現象を素材に、「見て、聴く」ことに集中する時間を作り出す。映画『ほったまるびより』が第19回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門の新人賞を受賞するほか、ミュージックビデオの制作でも評価を受ける。米津玄師のミュージックビデオ『Lemon』では振付を担当し、自身が出演もしている。

主な作品発表・受賞歴

2018
『梨君たまこと牙のゆくえ』
2017
『風にのるはなし』(MôTif映画祭 最優秀実験映画賞)
2015
『ほったまるびより』
2013
『みづくろい』