今、を生き抜くアートのちから

NEWSニュース

ラーニング・プログラム「愛知と世界を知るためのリサーチ」 ①『監督と学ぶ』 第4回「猩々って何ものですか?」の動画を公開しました

  • 2022年2月10日
  • ラーニング

国際芸術祭「あいち2022」ラーニング・プログラムの1つ「愛知と世界を知るためのリサーチ」①『監督と学ぶ』は、本芸術祭の片岡真実芸術監督自身が「あいち2022」の開催会場である地域を中心に、専門家や地域の方々をゲストに迎え、対談形式で歴史・文化・産業など様々な側面から「愛知」について学ぶシリーズです。

このたび第4回「猩々って何ものですか?」(ゲスト:笠寺猩々保存会会長 久野充浩氏、有松天満社文嶺講広報担当 日比野愛氏)の動画を公開しました。
詳しくは、ラーニングのページ(https://aichitriennale.jp/learning/index.html)をご覧ください。