今、を生き抜くアートのちから

ABOUT企画概要

概要

「あいち2022」は、国内最大規模の国際芸術祭の一つであり、国内外から100組のアーティストが参加します。愛知芸術文化センターのほか、一宮市、常滑市、有松地区(名古屋市)のまちなかを会場として広域に展開します。現代美術、パフォーミングアーツ、ラーニング・プログラムなど、ジャンルを横断し、最先端の芸術を「あいち」から発信します。

開催目的

  • 新たな芸術の創造・発信により、世界の文化芸術の発展に貢献します。
  • 現代芸術等の普及・教育により、文化芸術の日常生活への浸透を図ります。
  • 文化芸術活動の活発化により、地域の魅力の向上を図ります。

テーマ

STILL ALIVE(スティル・アライブ)

会期

2022年7月30日||10月10日|月・祝|[73日間]

主な会場

開館時間、休館日

  • 愛知芸術文化センター: 10:00-18:00(金曜日は20:00まで)
    ※入館は閉館の30分前まで、月曜休館(祝休日は除く)
  • 一宮市: 10:00-18:00(一宮市役所は17:15まで)
    ※入館は閉館の15分前まで、月曜休館(祝休日は除く)
  • 常滑市: 10:00-17:00
    ※入館は閉館の15分前まで、水曜休館
  • 有松地区(名古屋市) 10:00-17:00
    ※入館は閉館の15分前まで、水曜休館

芸術監督

片岡真実
(森美術館館長、国際美術館会議(CIMAM)会長)

事業展開

現代美術

  • 国内外の82組のアーティスト及びグループの新作を含む作品を展示し、最先端の現代美術を紹介します。
  • 愛知県美術館を含む愛知芸術文化センターや、一宮市、常滑市、有松地区(名古屋市)での作品展示など、県内での広域展開を図ります。

パフォーミングアーツ

  • 国内外の先鋭的な演劇、音楽、ダンスなどの舞台芸術作品や関連プログラムを、愛知県芸術劇場および愛知芸術文化センター周辺で14演目上演します。
  • 現代美術の文脈で語られてきたパフォーマンス・アートにも注目し、パフォーミングアーツをより横断的に楽しむためのレクチャーやトークなどを企画します。

ラーニング

  • 「アートは一部の愛好家のためのものではなく、すべての人がそれぞれのやり方で楽しみ享受するもの」という基本的な考え方をコンセプトの核とし、幅広い層を対象とした様々な「ラーニング・プログラム」を実施します。
  • 「あいち2022」会期中だけではなく、開幕までの期間を含め、フェーズ毎に目的を設定し、プログラムを構成します。

連携事業

  • 県内の芸術大学を始め、多様な主体との連携による事業を展開します。
  • 参加アーティストによる短期間の巡回展示を県内4市(長久手市、蒲郡市、半田市、西尾市)の文化施設などで開催します。
  • 企画公募により選考された7組の地元文化芸術団体と共催で、舞台公演を行います。

オンライン展開

  • 会場での作品展示や上演等のほか、オンラインでの映像配信やプログラムなどを実施します。

主催

国際芸術祭「あいち」組織委員会
(会長 大林剛郎(株式会社大林組代表取締役会長)

会長メッセージ

愛知県では、伝統文化・工芸や食文化などの豊富な文化資源を背景に、2005年に開催された愛知万博のレガシーとして、2010年から国際芸術祭を「あいちトリエンナーレ」として継続的に開催してまいりました。芸術祭は地域に根付き、幅広い方々に親しまれ、アーティストやアート関係者の活躍の場を広げるなど、文化芸術の発展に貢献してきたところです。

国際芸術祭「あいち2022」は、こうした取組を継承し、発展させて開催いたします。片岡真実芸術監督のもと「STILL ALIVE」をテーマに、「愛知県の誇る歴史、地場産業、伝統文化の再発見」や「生きることの根源的な意味」などを考えます。

芸術祭は、私たちと同じ時代を生きるアーティストが、その地域の歴史・文化をどういった視点からとらえ、どのように発想し、どういったかたちで現代アートとして表現するのかといった過程をリアルタイムで感じ、体験できる機会です。ご来場の皆様には、現代アートを楽しんでいただくのはもちろんのこと、「あいち2022」をきっかけとして、愛知県という地域の魅力に触れていただければ幸いです。

また、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、人と人との関係性や、社会ならびに都市のあり方が大きく変化していることに加えて、昨今は国際情勢も非常に緊迫したものとなっております。このような時代であるからこそ、人と人との絆を再構築し、不寛容な風潮を打破する契機としてアートの力が必要だと考えます。

国際芸術祭はアートを通じて多様な価値観に触れることができる絶好の機会です。「あいち2022」では、コロナ禍で顕在化した、社会の様々な課題も作品を通じて提示されています。この芸術祭が、皆様にとって、世界の多様性や包摂性、持続可能性について考えるきっかけとなることを願っております。

最後になりましたが、素晴らしい作品を出品していただいたアーティストを始め、開催にあたりご支援、ご協力をくださいました全ての皆様に心より感謝申し上げます。

国際芸術祭「あいち」組織委員会会長大林剛郎(株式会社大林組代表取締役会長)