国際芸術祭「あいち2022」
企画概要

愛知芸術文化センター

Aichi Arts Center

国内外の20世紀美術を中心に充実した作品を所蔵する愛知県美術館、大ホール、コンサートホール、小ホールなどを有する愛知県芸術劇場、アートスペース、アートライブラリー、アートプラザで構成される愛知県文化情報センターからなる複合文化施設。
愛知県の文化芸術の拠点として、名古屋市の中心部に1992年開館。

提供:愛知芸術文化センター

愛知芸術文化センターで展示するアーティスト

愛知芸術文化センター及びその周辺で公演などをするアーティスト

愛知芸術文化センターでリサーチの成果を展示・発表するアーティスト

一宮市

Ichinomiya City

愛知県の北西部に位置する人口約38万人の尾張地方の中核市。尾張国の「一宮」が真清田神社であったことから、その門前町であるこの地域が「いちのみや」と呼ばれるようになった。江戸時代より綿織物の生産が盛んとなり、絹綿交織物の生産を経て、毛織物(ウール)生産へと転換、「織物のまち一宮」となった。一宮駅周辺のオリナス一宮、旧一宮市立中央看護専門学校などのほか、県内唯一の丹下健三建築である、一宮市尾西生涯学習センター墨会館を始めとした尾西エリアで展示予定。

一宮市で展示するアーティスト

常滑市

Tokoname City

知多半島の中央、西海岸に位置する人口約6万人の市。平安時代末期頃から「古常滑」と呼ばれる焼き物の産地として知られ、瀬戸、信楽、越前、丹波、備前と並び、日本遺産に認定された日本六古窯の一つ。江戸時代以降は急須、明治時代からは土管、タイルなど時代に合わせた焼き物を生産し、現在でも窯業は主産業となっている。昭和初期の風情を随所に残す「やきもの散歩道」を中心に、旧製陶所や廻船問屋瀧田家、INAXライブミュージアムなどで展示予定。

常滑市で展示するアーティスト

有松地区(名古屋市)

Arimatsu, Nagoya City

名古屋市南東部に位置し、慶長13年(1608年)、尾張藩により開かれた東海道沿いのまち。有松・鳴海絞の製造・販売により発展し、現在も江戸時代の浮世絵さながらの景観が東海道沿いに広がっており、有松・鳴海絞のほか、町並みや山車などの伝統的な文化を今に伝えている。名古屋市「町並み保存地区」、国「重要伝統的建造物群保存地区」、文化庁「日本遺産」。東海道沿いの歴史的な建造物や、工房などで展示予定。

有松地区(名古屋市)で展示するアーティスト

アクセス情報

愛知県(名古屋駅)までの主なアクセス

電車

東京から

東京駅

約1時間40分
JR東海道新幹線「のぞみ」

名古屋駅

大阪から

新大阪駅

約50分JR東海道新幹線「のぞみ」

名古屋駅

飛行機

中部国際空港
セントレア

約28分
名古屋鉄道「ミュースカイ」

名鉄名古屋駅

常滑会場へは、
中部国際空港
セントレア

特急約5分
名古屋鉄道常滑線

常滑駅

県営
名古屋空港

約30分
あおい交通 空港バス

名古屋駅

名古屋駅から各地区へのアクセス

一宮市

名鉄名古屋駅

特急約14分
名古屋鉄道名古屋本線

名鉄一宮駅

名古屋駅

新快速約9分JR東海道本線

尾張一宮駅

常滑市

名鉄名古屋駅

特急約35分
名古屋鉄道常滑線

常滑駅

有松地区(名古屋市)

名鉄名古屋駅

約30分
名古屋鉄道名古屋本線

有松駅