アーカイブ
Archives

2019年5月2日 展覧会

Unprepared -無交差-(愛知県立芸術大学)

ニュース

アーティスト|倉知可英(コンテンポラリーダンサー)・SKANK/スカンク(音楽家)・倉地比沙支(版画家)
会場|アートラボあいち3階
会期|2019年5月25日(土)~6月23日(日)
3人によるパフォーマンス:5月25日(土)、6月8日(土)、6月15日(土)、6月22日(土)各17:00~18:00
※期間中公演日以外の催しが無い日でも(特に日曜日)、私がインスタレーション作品に寄り添うように踊ることがあります。タイミングが合えば、あなたも見ることが出来るかもしれませんね。(倉知可英談)
観覧|無料
本展企画|倉地比沙支(版画家・愛知県立芸術大学教授)

Unprepare-Flyer-f.jpg

テーマ|
美術の表現も多様化した現在、方法やジャンルの横断や融合が盛んに行われ、新たな表現の拡散が展開されて久しい。その度に、オーソドキシーやジャンルの境界は溶解し、節別の液状化は加速する。今回の3名はコンテンポラリーダンサー、音楽家、版画家という全く違うジャンルで活動する作家による展覧会である。各々がジャンルの因果を背負いながら、多くの実績や経験を持つ。「Unprepared」は準備なし、「無効差」は交わらないという言葉通りの意味で、如何に交わらないかという観点でコラボレーションし、交わらないことを突き詰めることで、否応なく交わる要素が掬い取れるのではないかという試みである。ジャンルの因果を抱えながら、互いの境界線のズレを共有できるかもしれない。

概要|
スカンク氏、倉地比沙支氏のインスタレーション展示と倉知可英氏の定期的なパフォーマンスが展示内容となる。また、3名によるクロストークも予定している。
倉知可英氏は長年、フランスのダンスカンパニーに所属していたコンテンポラリーダンサーである。スカンクSKANK氏は、音楽家でありながら演劇やパフォーマンスを取り入れ独自のインスタレーション空間を作り上げる活動をしている。倉地比沙支氏は、版画分野において国内外で積極的に活動し、分野にとどまらず多岐に渡り活動する版画家である。

Unprepare-Flyer-b.jpg

イベント

レポート