2016年10月23日 イベント

【当日券情報】10月23日(日)に名古屋市青少年文化センター(アートピア)にて、パフォーミングアーツ参加アーティスト青木涼子による「秘密の閨(ねや)」が世界初演を迎えます!

10月22日(土)夕刻のゲネプロで、とうとう、「秘密の閨(ねや)」がヴェールを脱ぎました!

いよいよ世界初演は明日!あいちトリエンナーレ2016のフィナーレを飾る、青木涼子「秘密の閨(ねや)」の当日券は、開演1時間前の16:15から、会場となる名古屋市青少年文化センター(アートピア)ホール入口で販売します。

田根剛が設計した静謐なる空間、闇にぽつぽつと浮かぶ電球。その舞台空間で、廣川玉枝デザインの衣裳に身を包んだ青木涼子とネクスト・マッシュルーム・プロモーションが、フィナーレの夜一夜限りのコラボレーションを奏でます。ぜひ劇場でお楽しみ下さい。

express3_AOKI_AT2016.jpg
photo: 南部辰雄

***

舞台芸術の集中公演期間「レインボーウィークス」も、いよいよ最終週。閉幕日の10月23日(日)は、バラエティ溢れるラインナップがフィナーレを飾ります。

その一人、青木涼子は能と現代音楽の分野において精力的に新たな取り組みを続けるアーティスト。本展では、気鋭のフランス人作曲家オレリアン・デュモン作曲による能オペラ「秘密の閨(ねや)」を世界初演いたします。

本作は、鬼婆の伝説を描いた能の「安達原(黒塚)」を下敷きとした、ヴァイオリンやチェロなどのアンサンブル(出演:ネクスト・マッシュルーム・プロモーション)と謡による舞台作品。「鬼婆」とは何か、女人禁制の伝統芸能、伝統の継承と読み替え、伝説の意味性、固有文化と共有文化(文化の交錯点)、日本語オペラ、あるいは、オペラという形態自体の過去・現在・未来、様々な示唆に富んだ作品となっています。

フランス建築アカデミー新人賞など数々の賞を受賞してきた建築家・田根剛が担当する舞台空間と、それに呼応する伊藤雅一の照明。レディガガがそのボディスーツを着用したことで世界から注目を浴びた、ファッションデザイナーの廣川玉枝による舞台衣装。日本の現代音楽シーンには欠かせないエレクトロニクスの有馬純寿。新しいパフォーマンス作品の誕生にご期待ください。

AOKI_Ryoko_lesson_01.jpg
「秘密の閨(ねや)」稽古風景

■青木涼子「秘密の閨(ねや)」(世界初演)
日時 2016年10月23日(日)17:15開演
会場 名古屋市青少年文化センター(アートピア)(名古屋市中区栄3-18-1 ナディアパーク内)
券種 全席指定 S席4,000円(学生2,000円)、A席3,000円(学生1,500円)
青木涼子Webサイト特設ページ https://himitsunoneya.wordpress.com/