トリエンナーレスクール 第7回

14歳の私が行動を起こした時から現在まで

14歳の時にホームレスの問題に直面し、社会課題を解決するための方策を社会活動として実践してきた川口加奈さんに、その活動の根源にある「情熱」と課題解決に向けた運動の「実現力」について伺います。

日時

2018年8月19日(日)14:00〜16:00

会場
アートラボあいち
参加費

無料(要事前申込・先着順)

定員

70名(1部[レクチャー]・2部[ディスカッション]両方参加35名/1部のみ参加35名)

ゲスト

川口加奈(社会起業家)

進行役

会田大也(「あいちトリエンナーレ2019」キュレーター[ラーニング])

このイベントを申し込む

トリエンナーレスクール第8回

ふるまいをデザインする建築家

建築家として様々な建物の設計やテレビ番組等のアートディレクションを手がける一方で、建物に集う人々の「ふるまい」をもデザインしてきた遠藤幹子さんに、「コミュニティの運用」について語っていただきます。

日時

2018年9月16日(日)14:00〜16:00

会場
アートラボあいち
参加費

無料(要事前申込・先着順)

定員

70名(1部[レクチャー]・2部[ディスカッション]両方参加35名/1部のみ参加35名)

ゲスト

遠藤幹子(建築家)

進行役

会田大也(「あいちトリエンナーレ2019」キュレーター[ラーニング])

このイベントを申し込む

あいちトリエンナーレ×アートラボあいち

人材育成プログラム「展覧会の体験をデザインする」の受講者を募集します

このプログラムでは、多角的な視野で「展覧会」に関わる人材の育成を目的としています。
「理論編」と「実践編」で構成されたプログラムを通して、展覧会を鑑賞する際に起こるさまざまな体験をデザインするために必要な視点や考え方を学びます。

【導入~連続対談】
服部浩之、会田大也による「展覧会の体験をデザインする」連続対談
(1)「展覧会を作るとは?」
(2)「能動的な鑑賞者とは?」
(3)「アートで人が育つとは?」(7月31日公開予定)

【理論編】
美学・美術史、キュレーション、ミュージアムエデュケーションなどをレクチャー形式で理論的に学びます。
(1)「展覧会の体験を作るとは」
日時:9月1日(土)16時から18時まで
講師:服部浩之、会田大也
(2)「ミュージアムエデュケーションとは」
日時:9月17日(月・祝)16時から18時まで
講師:会田大也
(3)「展覧会の設営について」
日時:10月13日(土)16時から18時まで
講師:服部浩之、会田大也
(4)「こんな設計で作られてました」
日時:10月27日(土)16時から18時まで
講師:服部浩之、会田大也

【実践編】
アートラボあいちで企画する展覧会を実践として位置付け、展覧会の準備作業や会期中の会場などの現場で、展覧会を作っていく活動を実際に体験していきます。
(1) 搬入・展示作業期間
10月3日(水)〜10月26日(金)
(2) 展示期間
10月27日(土)〜11月25日(日)
[上記期間のうちの金・土・日・祝:計14日間]
(3) 撤収・搬出期間
11月26日(月)〜11月30日(金)

日時

【申込締切:2018年8月12日(日)16時まで】
実施期間:2018年9月1日(土)〜11月30日(金)

会場
アートラボあいち(名古屋市中区丸の内三丁目4-13 愛知県庁大津橋分室2~3階)
対象

アートにまつわるラーニングプログラムやマネジメントを職業にしたい方


(例:芸術祭のスタッフをやってみたい、展覧会を企画してみたい、アートマネージメントに興味がある、アーティスト活動をしている、など)

定員

10名程度

講師

服部浩之、会田大也

主催

あいちトリエンナーレ実行委員会

申込方法



応募条件


(1)服部浩之、会田大也による「展覧会の体験をデザインする」連続対談(全3回)を事前に読んでおくこと
(2)「理論編」を原則全て受講可能であること
(3)「実践編」の各期間に参加可能であること
(4)高校生以上


受講申込
(1)必要事項
受講希望者は、件名に[人材育成プログラム受講申込]と明記の上、
以下①〜⑥をEメール本文に、⑦〜⑨を添付資料として、
Eメールにて、下記申し込み先あてお申込み下さい。
※アドレスは(a)を@に変えて送信してください
 ①氏名(ふりがな)
 ②年齢
 ③在学中の方は、学校名
 ④連絡先(メールアドレス、連絡のとれる電話番号)
 ⑤面接の希望日(第2希望まで)
 ⑥「実践編」(1)(2)(3)それぞれの参加可能な日程
 ⑦プロフィール(顔写真付き)
 ⑧活動歴(あれば)
 ⑨作文(800~1200字程度、以下よりテーマを選択)
「これまで最も感動したこと」「アートは必ず美しいのか」「人が集まって初めて起きること」
※形式は自由。メールに添付して提出。
(2)申込締切
2018年8月12日(日)16時まで
(3)申込先
アートラボあいち「人材育成プログラム」係あてEメールにて申込み。
Eメールアドレス:ala(a)aichitriennale.jp
※アドレスは(a)を@に変えて送信してください


スケジュール
(1)申込締切
2018年8月12日(日)午後4時
(2)書類選考期間
2018年8月13日(月)〜8月16日(木)
(3)面接期間
2018年8月17日(金)、18日(土)、19日(日)
※アートラボあいちにて面接を行います
※上記の日程で面接不可能な場合は個別に調整します

今後申込受付予定のトリエンナーレスクール

今後受付予定のトリエンナーレスクールについては、次のとおりです。

●第9回 2018年10月21日(日)14:00~16:00
『2019年ラーニングのプログラムが目指すこと』
ゲスト:会田 大也(「あいちトリエンナーレ2019」キュレーター(ラーニング))
会場:長久山 円頓寺
【申込受付開始:2018年8月22日(水)正午より】

●第10回 2018年11月18日(日)14:00~16:00
『音楽情報メディアを運営する憂鬱と幸福』
ゲスト:大山 卓也(「あいちトリエンナーレ2019」キュレーター(音楽プログラム))
会場:愛知県図書館 5階大会議室
【申込受付開始:2018年9月19日(水)正午より】

●第11回 2018年12月16日(日)14:00~16:00
『アートが、ビジネスに対して出来ること』
ゲスト:孫 泰蔵(シリアルアントレプレナー/ Mistletoe株式会社ファウンダー)
会場:アートラボあいち
【申込受付開始:2018年10月17日(水)正午より】

●第12回 2019年1月20日(日)14:00~16:00
『がんと共に歩む力を~マギーズ東京の試み~』
ゲスト:秋山 正子(認定NPO法人マギーズ東京センター長)
会場:アートラボあいち
【申込受付開始:2018年11月21日(水)正午より】

●第13回 2019年2月17日(日)14:00~16:00
『先端技術にとって美とは何か』
ゲスト:江渡 浩一郎(研究者/メディアアーティスト)
会場:アートラボあいち
【申込受付開始:2018年12月19日(水)正午より】

●第14回 2019年3月17日(日)14:00~16:00
『世界と日本における芸術祭の歴史と文脈』
ゲスト:加治屋 健司(美術史家)
会場:豊田市中央図書館 6階多目的ホール
【申込受付開始:2019年1月16日(水)正午より】