アーカイブ
Archives

2018年2月18日 パブリック・プログラム

シンポジウム|いま、改めてアートセンターを考える。vol.2 「ラーニングセンターというかたち 八戸市新美術館について」

開催日時|2018年2月18日(日) 14:00〜16:30
定員|60名(参加無料・申込不要・当日先着順)
ゲスト|西澤徹夫(建築家/西澤徹夫建築事務所主宰)
    浅子佳英(建築家/タカバンスタジオ主宰)
    森 純平(建築家/東京藝術大学建築科助教、PARADISE AIR ディレクター)
    大澤苑美(八戸まちづくり文化スポーツ観光部芸術環境創造専門員)
モデレーター|服部浩之(キュレーター/アートラボあいちディレクター)

0218シンポチラシ修正_ページ_1.jpg 0218シンポチラシ修正_ページ_2.jpg

2020年以降に新たに誕生する八戸市新美術館は、まちと芸術文化を育てるファーム「八戸ラーニングセンター」というコンセプトを打ち立てた西澤徹夫、浅子佳英、森 純平の3名の建築家の共同による設計提案が最優秀賞に選出され、注目を集めています。
現在、設立準備中の新しい美術館は、どのようなプロセスを経て、どんなかたちのものが生まれようとしているのか、設計者3名と、八戸市の担当者にお話を伺います。
「エデュケーション」ではなく、「ラーニング」に込められた意図や、それを建築空間としてどのように実現していくのか、建築というハードとアート・プログラムというソフトの関係などにも言及しながら、新たな学びと創造の場のあり方について考えます。

構成
14:00 はじまり
14:15 プレゼンテーション1「八戸市新美術館構想について」
14:45 プレゼンテーション2「八戸市の取り組みについて」
15:15 休憩
15:30 ゲスト全員によるディスカッション
16:20 質疑応答
16:30 おわり

レポート