今村 洋平

  • 1978年福岡県生まれ
  • 神奈川県拠点
  • Photo: Shinichiro Oroku

学生時代より一貫して、版画のシルクスクリーンという技法を用いて彫刻的な作品を制作。通常、シルクスクリーンで転写されるイメージは厚みを持たないと思われているが、繰り返し1万回近くも刷り重ねれば、インクの積層によって地形図のような造形が作られる。まるで3Dプリンターで作られる作品のようにも見え、作家はあたかもデータによって動かされる機械として活動しているかのようだ。だが今村の作品は構想段階で緻密に工程が決まっているわけではなく、様々なトラブルやエラーに都度対応しながら最終的に当初の構想を超えた形が生み出されている。今日、情報として流通する「画像」の物質的な側面に注目し、情報と手仕事との関係を、版画というアナログな複製技術を使いながら問いかける。

主な作品発表

2016
個展「live printing」KAYOKOYUKI、東京
2014
「CSP2 -手法の触感-」桑沢デザイン研究所、東京
2012
泉太郎キュレーション展「有袋類 | Marsupials」TALION GALLERY、東京
2008
「Draw print book」esplanade、シンガポール
  • 《tsurugi No.1》 2016
  • Photo: Kei Okano
  • Courtesy of KAYOKOYUKI