富田 克也

  • 1972年山梨県生まれ
  • 山梨県拠点
  • Photo: Takahiro Yamaguchi

脚本家・映画監督の相澤虎之助らとともに映像制作集団・空族(くぞく)を率い、「作りたい映画を勝手に作り、勝手に上映する」をモットーに活動。舞台となる土地で実際に生活を営む人たちへ取材を綿密に行い、非職業俳優を積極的にキャスティングすることで、ストリートのリアリティをフィクションに差し込む。代表作に郊外都市の荒んだ若者を描いた『国道20号線』(2007)、寂れゆく日本経済を背景に、肉体労働者、移民、そしてヒップホップで奏でる『サウダーヂ』(2011)。またタイおよびラオスにて長期滞在制作を行った『バンコクナイツ』(2016)では、20世紀のインドシナ半島での戦争の傷跡をトレースしつつ、複層的な物語構成によって、東南アジアから現代日本を逆照射した。

主な作品発表

2016
『バンコクナイツ』
2011
『サウダーヂ』
2007
『国道20号線』
2003
『雲の上』
  • 『典座 -TENZO-』 2019
  • © 全国曹洞宗青年会