2016年8月7日 その他

あいちトリエンナーレ2016国際展参加アーティスト「ルアンルパ」のプロジェクト≪ルル学校≫の説明会及びプロジェクト参加メンバーを募集します!(終了しました)

あいちトリエンナーレ2016の国際展に参加するアーティスト集団「ルアンルパ」。出品作品として≪ルル学校≫というプロジェクトを展開します。始動にあたり、8月11日(木・祝)と8月13日(土)13時30分より、プロジェクトの模擬授業と説明会を開催。15年に及ぶルアンルパの活動や今回の≪ルル学校≫のプログラムを紹介します。また、生徒や講師らプロジェクトの参加メンバーを募集します。詳細は別添の資料をご覧ください。※募集は終了しました

Curatorandartcriticworkshop.jpg

■ ≪ルル学校≫模擬授業&プロジェクト説明会 ※申込不要/参加費:無料
15年に及ぶルアンルパの活動や今回の≪ルル学校≫のプログラムを紹介します。また、生徒や講師らプロジェクトの参加メンバーを募集します。

日時:
(1)2016 年8月11日(木・祝) 13:30 - 15:00
講師:サレ・フセイン(アーティスト/ルルメンバー)
   堀田勝彦(堀田商事株式会社代表取締役)

(2)2016 年8月13日(土) 13:30 - 15:00
講師:アデ・ダルマワン(アーティスト/ルルディレクター)
   レオンハルト・バルトロメウス(キュレーター/ルルメンバー)

会場:
堀田商事株式会社 1 階《ルル学校》展示会場(名古屋市中区錦 2-11-16)

■≪ルル学校≫とは
インドネシアのアーティスト集団「ルアンルパ(ruanrupa)」は2000年の設立より、「文化と都市」というコンテクストの中、アートがどのように関わっているかを提案してきました。それを展覧会、フェスティバル、アートラボ、講習会、調査、出版、オンラインジャーナルなどの形で実践しています。「ルル学校」はあいちトリエンナーレ2016の会期中に一般からメンバーを募り、知識・経験をシェアすることにより、名古屋に新たな「カルチャー・エージェント」を育てる「ルアンルパ」のプロジェクトです。地域のコンテクストに基づく実践/アイデア/空間に対する新たなアプローチの模索を目指しています。本プロジェクトではメンバー11名に限らず、聴講生は誰でも、様々な知識や経験をもつ講師による授業を無料で受けることができます。

■ 特設ウェブサイト
www.ruruaichi.wordpress.com

問合せ先
あいちトリエンナーレ実行委員会事務局 事業第一グループ
(愛知県県民生活部文化芸術課国際芸術祭推進室内)
担当:伊藤祐司、服部、趙、廣田
住所:名古屋市東区東桜一丁目13-2 愛知芸術文化センター6 階
電話:052-971-6127
FAX:052-971-6115
E-mail:ruru.aichi@gmail.com