小森 はるか
『空に聞く』

  • 『空に聞く』 2018 (愛知芸術文化センター・愛知県美術館オリジナル映像作品)
  • © Haruka Komori

東日本大震災後に各地に設けられた災害FM局のひとつ、陸前高田災害FMでパーソナリティを務めた女性を追ったドキュメンタリー作品。地域に住む多くの人の記憶や思いに触れ、彼らの声をラジオを通じて届ける日々を、カメラは親密な距離で綴ってゆく。津波によって流されてしまった街の復興が着々と進み、嵩上げされた土地に新しい街が造成されてゆく様子が並行して描かれてゆく。人々によって語られることと忘れられてゆくことが、小森の視点で丹念に記録される様からは、映像作家としての真摯な「慰霊」の態度が垣間見える。前作『息の跡』と並行した時期に撮影が行われた本作は、愛知芸術文化センター・愛知県美術館オリジナル映像作品第27作として完成した。

小森 はるか

  • 1989年静岡県生まれ
  • 宮城県拠点
  • Photo: Teruki Uehara

東日本大震災の直接的な被害を追いかけて撮影するのではなく、人に寄り添い、その話に耳を傾けることから映像を制作し続ける。『息の跡』(2016)は、岩手県陸前高田市で種苗店を営む男性の二年半を描き、高い評価を得る。また、画家・作家の瀬尾夏美とは、2011年3月に東北沿岸をボランティアに訪れて以降、「小森はるか+瀬尾夏美」名義で活発に活動している。瀬尾がテキスト、小森が撮影・編集を担当した映像作品も複数発表している。風景と人々の言葉の記録を軸に制作を続けながら、対話の場の企画・運営も行う。

主な作品発表・受賞歴

2018
『空に聞く』
2016
『息の跡』
2014
『波のした、土のうえ』(小森はるか+瀬尾夏美)
2017
『the place named』