トリエンナーレスクール

「トリエンナーレスクール」とは
トリエンナーレスクールは、「あいちトリエンナーレ2019」の開催に向けて、多方面で活躍するアーティストや専門家をゲストに迎え、様々な視点から切り込むことで、考え方、学び方を発見していくレクチャー&ディスカッションシリーズです。 今日的なテーマと、アートの創造性を組み合わせ、「クリエイティブな発想」を身近に感じられるプログラムです。

トリエンナーレスクール 第4回

ビエンナーレ/トリエンナーレはなぜこんなに開催されるのか?

「あいち」を含めて世界中で開催されている「ビエンナーレ」や「トリエンナーレ」。
その土地ならではの背景や、アートの歴史といった文脈の中で、アーティストやキュレーターがどのような視点でイベントを見ているのか?また、それぞれの土地がどのようにアートの祭典と関わっているのか?
世界中のアートフェスティバルを巡ってきているキュレーターのお二人に、多角的な視点で紹介してもらいます。

※第4回については、定員に達したため応募を締め切りました。

日時

2018年5月20日(日)14:00~16:00

会場
アートラボあいち
参加費

無料(要事前申込・先着順)

定員

70名(1部(レクチャー)・2部(ディスカッション)両方参加35名 / 1部のみ参加 35名)

ゲスト

能勢陽子、鷲田めるろ(「あいちトリエンナーレ2019」キュレーター)

進行役

会田大也(「あいちトリエンナーレ2019」キュレーター)

トリエンナーレスクール 第5回

テクノロジーと幸福は比例するか?

メディアテクノロジーと人間の創造性、またはそれらを取り巻くルールや制度設計などの多数の分野で活躍している情報学研究者のドミニク・チェンさんを招き、近年取り組んでいる「Well-being※」という考え方について伺います。
テクノロジーが人の生活を幸福にしているのだろうか?という疑問から出発し、欧米と日本の「幸福観」の違いに着目しているドミニクさんとともに、アートの視点も交え、日本ならではの「Well-being」を探るディスカッションを展開します。
 ※良好、幸せな状態

※第5回の1部・2部両方参加については、定員に達したため応募を締め切りました。
 1部のレクチャーのみ参加につきましては、引き続き申し込みを受け付けております。

日時

2018年6月17日(日)14:00~16:00

会場
アートラボあいち
参加費

無料(要事前申込・先着順)

定員

70名(1部(レクチャー)・2部(ディスカッション)両方参加35名 / 1部のみ参加 35名))

ゲスト

ドミニク・チェン(情報学研究者)

進行役

会田大也(「あいちトリエンナーレ2019」キュレーター)

このイベントを申し込む

トリエンナーレスクール 第6回

赴くこと、滞在すること、創ること

アーティストとして国内外の滞在制作プログラムに参加してきた渡辺さんをお招きし、アーティストが様々な土地へ赴き、滞在して現地の人々との関係を結びながら作品制作していくことについてお話を伺います。
トリエンナーレの開催地として、世界各国からやって来るアーティストといかに関係を結べるのか、といったテーマについて、多くのヒントが聞けるチャンスです。

日時

2018年7月15日(日)14:00~16:00

会場
アートラボあいち
参加費

無料(要事前申込・先着順)

定員

70名(1部(レクチャー)・2部(ディスカッション)両方参加35名 / 1部のみ参加 35名)

ゲスト

渡辺望(アーティスト)

進行役

会田大也(「あいちトリエンナーレ2019」キュレーター)

このイベントを申し込む

過去のイベント一覧
  • 2018年2月24日(土)14:00~16:00
    トリエンナーレスクール 第1回
    アーティスティック/ディスカバー 地域の魅力を見つめる方法
  • 2018年3月18日(日)14:00~16:00
    トリエンナーレスクール 第2回
    アーティスティック/ディスカッション 地域を作る対話方法
  • 2018年4月22日(日)14:00~16:00
    トリエンナーレスクール 第3回
    ワークショップと対話のデザインについて