2016年09月20日 お知らせ

9月25日(日)豊橋にて、トークイベント「トリエンナーレ ティータイム トーク3、4+」を開催します

edトリエンナーレ ティータイム トークは、アーティストやその関係者などと来場者とアートに気軽に触れ合う機会。今回は、夕方から夜まで続くスペシャルタイムです。

■[15:00~16:30]トリエンナーレティータイムトーク3
前半は、名古屋エリアの長者町会場を担当するあいちトリエンナーレ2016コーディネーターの舟橋牧子が、長者町会場を中心に名古屋のまちなか展開について紹介します。町の人々のアートとの付き合い方、ユニークな活動などたっぷりご案内。ご来場の方には長者町会場でしか手に入らない限定アイテムも運良くゲットできるかも!?

■[17:00~18:00]トリエンナーレティータイムトーク4
後半は、豊橋会場の出展アーティストである久門剛史と担当しているキュレーターの服部浩之が登場。『トリエンナーレ』とはイタリア語で3年に1度の意味を示しますが、折しも2人の初仕事も3年前の2013年にあたります。それから3年後、あいちトリエンナーレの豊橋会場で彼らは再び活動することになりました。そこで今回はこの3年を軸に、彼らの軌跡とその前後の動向を振返りながら、作品制作やその活動について語ります。

Hattori_and_Hisakado.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像

■[19:00~21:00]アフターパーティー
トーク後には、Mikawa Art Center[MAC]の三河まっぷの完成お披露目会も併せたミニパーティーを開催。市民団体等によるあいちトリエンナーレ2016連携事業の一環として、豊橋、岡崎会場の情報を網羅したマップをMACが作成しました。久門さんをはじめ、豊橋・岡崎の多くのアーティストをレポート(サポート!?)したメンバー独自の視点でトリエンナーレのオススメ情報をお届けします。また、トリエンナーレスタッフ有志による「キャラヴァンうずら」が、会場を切り盛りします。

map_mikawa.jpgのサムネイル画像

25日はイベント盛り沢山。豊橋会場にお越しの際は"みずのうえビジターセンター"に是非お立ち寄りください。

日時:2016年9月25日(日)15:00~21:00
会場:みずのうえビジターセンター
内容:
(1) トリエンナーレ ティータイム トーク3「名古屋のまちなかエトセトラ」
 時間 15:00〜16:30
 スピーカー 舟橋牧子(あいちトリエンナーレ2016コーディネーター)
 モデレーター 加藤慶(あいちトリエンナーレ2016アシスタントキュレーター)
 座席20席程度/先着順/入場無料

(2) トリエンナーレ ティータイム トーク4「久門剛史×服部浩之 2013-2016の3年間とその前後を語る。」
 時間 17:00〜18:30
 スピーカー:久門剛史(あいちトリエンナーレ2016 アーティスト)
       服部浩之(あいちトリエンナーレ2016キュレーター)
 座席20席程度/先着順/入場無料

(3) アフターパーティー:三河まっぷ完成お披露目会
 時間 19:00〜21:00
 ゲスト Mikawa Art Center[MAC]
 ポップアップ キャラヴァンうずら

主催:豊橋市駅前大通地区まちなみデザイン会議(豊橋市制施行110周年記念事業市民提案イベント)
問合せ:建築クロノ
TEL:0532-56-0170 E-mail:y-qlo@mx3.tees.ne.jp
http://ekidesign.info/2016/09/19/2088/