2018年2月7日 お知らせ

「あいちトリエンナーレ2019」に向けて「トリエンナーレスクール」を開催します

愛知県では、2019年の夏から秋にかけて、現代アートの国際芸術祭である、「あいちトリエンナーレ2019」の開催を予定しています。
一般的に「現代アートはわかりにくい」と言われますが、県民の皆様に少しでも現代アートへの理解を深めていただくため、「あいちトリエンナーレ2019」の開催直前まで、「トリエンナーレスクール」を連続して開催いたします。
この「トリエンナーレスクール」では、毎回、多方面で活躍するアーティストや専門家をゲストに迎え、様々な視点から切り込むことで、現代アートに対する考え方、学び方を、レクチャー(1部)と参加者同士のディスカッション(2部)により発見していきます。
今年度は、第1回目として2月24日(土)に、編集者である空閑 理(くが おさむ)氏を、第2回目として3月18日(日)に、高知県佐川町長である堀見 和道(ほりみ かずみち)氏を、それぞれゲストにお迎えします。

triennale_school_omote.jpg triennale_school_ura.jpg

■「トリエンナーレスクール」の概要

【第1回】
 日時:平成30年2月24日(土)午後2時から午後4時まで
 会場:アートラボあいち 2階 多目的室(名古屋市中区丸の内3-4-13)
 テーマ:アーティスティック/ディスカバー 地域の魅力を見つめる方法
 ゲスト:空閑 理(くが おさむ)(編集者)
 進行:会田大也(あいだだいや)(ミュージアムエデュケーター)
 定員:70名(1部のみ 35名、1部・2部 35名)
 参加費:無料・要事前申込
 内容:
空閑 理(くが おさむ)氏は、デザイナー集団「D&DEPARTMENT PROJECT」の一員として、「あいちトリエンナーレ2016」に参加されました。
「D&DEPARTMENT PROJECT」は、都道府県をデザイン的観点から選び、観光ガイド「d design travel」としてまとめる活動をしており、「あいちトリエンナーレ2016」では、空閑氏が編集長として、愛知県内 各地を取材し、「d design travel愛知」として発刊されています。
第1回目のトリエンナーレスクールでは、トリエンナーレの開催目的の1つである「地域の魅力の向上」について、「地域の魅力を探り出す方法」の切り口から、空閑氏に語っていただきます。

【第2回】
 日時:平成30年3月18日(日)午後2時から午後4時まで
 会場:名古屋市美術館 2階 講堂(名古屋市中区栄2-17-25)
 テーマ:アーティスティック/ディスカッション 地域を作る対話方法
 ゲスト:堀見 和道(ほりみ かずみち)(高知県佐川町長)
 進行:会田大也(あいだだいや)(ミュージアムエデュケーター)
 定員:130名(1部のみ 65名、1部・2部 65名)
 参加費:無料・要事前申込
 内容:
現職の高知県佐川町長である堀見(ほりみ)和道(かずみち)氏は、2013年の就任以来、佐川町のまちづくりの指針となるマスタープランを住民・役場職員一丸となって作り上げ、この成果は「みんなでつくる総合計画」として、2016年度のグッドデザイン賞で評価されました。
第2回目のトリエンナーレスクールでは、ボランティアや地域住民等、多くの方が関わるトリエンナーレについて、堀見氏にコミュニティづくりの視点から語っていただきます。

■「トリエンナーレスクール」の申込方法
 (1) 申込方法
   あいちトリエンナーレ公式WEBサイト(http://aichitriennale.jp)「イベント情報」の申込フォームより申込みください。
   ※申込み1 件につき1 名のみといたします。
   ※第1回、第2回それぞれで申込みが必要です。
   ※2部(ディスカッション)に参加を希望される方は、「1部・2部」で申込みください。
    【2部のみの申込みはできません。】
   ※申込みは、先着順とさせていただきます。
   ※参加の可否は、後日事務局より御連絡いたします。
   ※各施設へのお問合せは御遠慮ください。

 (2) 申込開始日時
   第1回、第2回共に平成30年2月6日(火)午前10時30分から

 (3) 申込締切
   第1回 平成30年2月19日(月)
   第2回 平成30年3月12日(月)

■ゲストの略歴

空閑 理(くが おさむ)
1983年福岡県生まれ。
2010年より、デザイナー集団である「D&DEPARTMENT PROJECT」に参加。
47都道府県をデザイン的観点から選びだして、観光ガイドとしてまとめた「d design travel」の制作全般と関連
イベント等の企画・進行を担当し、2013年6月より2016年11月まで編集長を務めた。
2016年には、「d design travel愛知」の発刊に当たり、愛知の各所を取材した。

01.jpg

堀見 和道(ほりみ かずみち)
1968年高知県佐川町生まれ。
東京大学を卒業後、新日本製鐵株式会社ほかを経て、2000 年に株式会社堀見総合研究所を設立。
2013 年佐川町にUターンし町長に就任。

02.jpg


■進行役の略歴

会田 大也(あいだ だいや)
1976年東京都生まれ。
2003年より11年間、山口情報芸術センター[YCAM]の教育普及担当として、メディアリテラシー教育と美術教育
の領域を横断する、オリジナルのワークショップや教育コンテンツの開発と実施を担当。2014年から、 東京大
学大学院ソーシャルICTグローバル・クリエイティブリーダー[GCL]育成プログラム特任助教を務める。

03.jpg