東海テレビ放送
『さよならテレビ』

  • © 東海テレビ

2018年に東海テレビローカルで放送されたドキュメンタリーだが、全国の映像制作者たちから大きな反響を生んだ東海テレビ開局60周年記念番組。東海テレビ報道部に、自社のドキュメンタリー班が密着取材。視聴率とジャーナリズム、労働と人間疎外、そして過去の放送事故など、テレビ報道の生々しい現場を、カメラが赤裸々に映し出す。テレビ局の顔であるアナウンサー、ベテランの外部スタッフ記者、若き契約社員らに焦点を置き、放送現場に随伴し日々起きていることを記録してゆく。随所に「演出」を感じさせるこの番組は、どこまでが事実で、どこからが演出なのか、見る側のリテラシーを問い直す。

東海テレビ放送

  • 1958年愛知県にて開局
  • © 東海テレビ

1958年に開局した愛知・岐阜・三重の中京広域圏を放送エリアとするテレビ局。本社は名古屋市。独自に長期間の取材を重ねたドキュメンタリー番組が、近年高い評価を得ている。これまで数々の意欲作を発信しており、過去11作品を数える「東海テレビドキュメンタリー劇場」と冠されたシリーズは、ソフト化はせず、全国の映画館での上映を継続している。愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンに住む老夫婦を追った『人生フルーツ』(2016)は全国的なロングラン・ヒットとなり、『ヤクザと憲法』(2015)では表現と放送コードについても一石を投じた。東京キー局ではない、テレビ局製作ドキュメンタリー作品の可能性を独自に拡張し続けている。

主な作品発表・受賞歴

2016
『人生フルーツ』
2015
『ヤクザと憲法』
2014
『神宮希林』
2012
『約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯』
2010
『平成ジレンマ』