タリン・サイモン 

  • 1975年ニューヨーク(米国)生まれ
  • ニューヨーク(米国)拠点

サイモンは血縁関係から犯罪捜査、死者の追悼、フラワーアレンジメントまで身近な事象における組織化の体系に光を当て、そこに潜む権力、権威の構造を露呈させる。写真、テキスト、映像、彫刻、パフォーマンスなどのメディアを横断するサイモンの実践は、普段は知覚することができない言語と視覚世界の間、つまり複数の真実やファンタジーが生成され、翻訳や混乱が起こる領域の存在を明らかにしていく。サイモンのプロジェクトの技術的、物理的、美的要素はまさしく作品の主題である支配と権威を反映している。

主な作品発表

2018
個展「Taryn Simon: A Cold Hole + Assembled Audience」マサチューセッツ現代美術館、ノースアダムス(米国)
2018
個展「Taryn Simon: An Occupation of Loss」Artangel、ロンドン(英国)
2018
個展「Taryn Simon: Shouting Is Under Calling」ルツェルン美術館、ルツェルン(スイス)
2017
個展「Taryn Simon: An American Index of the Hidden and Unfamiliar」ルイジアナ現代美術館、フムレベック(デンマーク)
2015
第56回ヴェネツィア・ビエンナーレ「All the World’s Futures」ヴェネツィア(イタリア)
  • 放射性廃棄物カプセル化・保管施設、チェレンコフ放射光
    アメリカ合衆国エネルギー省 ハンフォード・サイト
    ワシントン州東南部
  • 「隠されているものと見慣れぬものによるアメリカの目録」2007年
    © Taryn Simon
    Image courtesy of the artist and Gagosian