ラーニング

ラーニング・プログラムとは About Learning Programs

「あいち2022」のラーニング・プログラムは、「アートは一部の愛好家のためのものではなく、すべての人がそれぞれのやり方で楽しみ享受するもの」という基本的な考え方に基づいています。
例えば、揃いの青いハッピを着て神輿を担いだり、銀玉鉄砲やクラッカーで遊んだりした地元の神社の祭りのような芸術祭。それは、芸術祭を見に来た人、参加した人がコミュニティの一員として参加している実感、社会に空間的・時間的に包摂されていると感じることなのではないでしょうか。そのために「難解な現代アート」というイメージやレッテルを払拭し、素の目で作品と向き合い、アートとの直接的な関わりを促すことを、「あいち2022」のラーニング・プログラムでは実践していきたいと考えています。
そもそも現代アートは、私たちと同じ様に、世界の何処かに暮らす個人やグループが作り出したものです。鑑賞者はそこにある作品を通して、どこかの誰かが見つけ出した視点から世界に出会う機会を得るのです。そうすることで、普段は見過ごしていた物事に新しい価値を発見したり、自分と歴史・社会がつながっていることに気づいたり、生きていることの尊さとおかしみを感じたり、と様々な反応が自らの内に起こってくる。アートに触れることと、世界を知ること、そして自らを知ることは不可分に結びついているのです。
欧米、アジア太平洋、ラテンアメリカ、アフリカなど世界各地から現代アートが集まるこの芸術祭は、たくさんの地域のたくさんのアーティストたちの作品と出会い、たくさんの視点から物事を見たり考えたりするチャンスです。世界についての認識を広げ、深め、翻って自分自身を見つめ直す、そうした活動の総体を「ラーニング/学び」と位置づけ、それを実現するためのプログラムを提供していきます。

アートを通した学びによって、これからも起こり続けるであろう未知の事態を乗り越える力、まさに「今、を生きる力」を一人一人が獲得し、多様な未来の可能性に開かれた世界を実現するために。

ラーニング・チーム

【コンセプト】

  1. 包摂:参加することで、自らが祝福されていると感じることができる
  2. 多様性の肯定:同時代を生きる作家によって表現される多様な「ALIVE(生きている)」のあり方、その視点に触れる
  3. 自分を知り、世界を知る:愛知という地域の歴史的・文化的背景を知り、ローカル独自の視点を持つことで、世界中から集まってくる様々な作品を通した世界の見方との出会いの準備とする。

【プログラム】

フェーズ1|2021年8月〜
愛知の歴史・文化や芸術祭などの成り立ちについてのリサーチを通したアートを読み解くための基礎体力づくりを行う。
フェーズ2|2022年4月〜
参加アーティスト等との交流を通して出品作品への理解を深める。
フェーズ3|芸術祭開催中
作品と社会とをつなげる活動を主体的に行う。

参加プログラム [for all]

地域の方々、専門家、アーティストらと恊働し、様々なリサーチ活動やラーニング・プログラムを展開します。

  • さまざまな切り口で美術の歴史をストーリーとして読み解く力を養う
    「アーティストによる美術史講座」(フェーズ1)
  • 芸術祭を歴史的な視点から考える
    「『芸術祭』をひも解く:近代化と万博-オリンピック-芸術祭」(フェーズ1)
  • 我々が現在立っている場所について明らかにしながら、「世界とは何か」という謎に迫る
    「愛知と世界を知るためのリサーチ」(フェーズ1〜3)
  • 世界のオルタナティブな学びの実践をシェア
    「knowing me, knowing you 世界のアートの知の技法:オルタナティブなアートスクール/ラーニング・プログラムのリサーチ」(フェーズ2〜3)

スクール・プログラム [for school]

教育関係者向けの研修プログラムや、児童・生徒向けの団体鑑賞プログラムを用意し、地域の教育機関との連携を図ります。(フェーズ1〜3)

ボランティア・プログラム [for volunteer]

ボランティア研修を通じて「対話型鑑賞」の手法を普及し、これまでアートに馴染みが無かった来場者も、対話をしながらアートを楽しめる芸術祭の姿を目指します。(フェーズ1〜3)


Aichi Triennale 2022 Learning Programs are based on the fundamental concept that "art is not just for a few knowledgeable enthusiasts, but for everyone to enjoy and appreciate in their own way."
For example, an arts festival can be like a festival at a local shrine where people wearing matching blue happi coats carry portable altars while kids fire air rifles at stalls and play with firecrackers. We believe that people who come to see or participate in art festivals can and should feel they are doing so as members of the community, and feel they are part of society's spaces and narratives. To that end, Aichi Triennale 2022 Learning Programs aim to dispel the stigmatized image of contemporary art as "difficult to understand," and to encourage people to come, view works without preconceptions, and engage directly with art.
Contemporary art is, after all, created by individuals and groups living their lives somewhere in the world, just like us. Through the ir works, the viewer has the opportunity to encounter the world from the perspective of another person in another place. Looking at art sparks all manner of reactions within us, enabling us to discover new value in things and phenomena we usually overlook, realize the ways in which we are connected to history and society, or feel anew the subli mity and the absurdity of being alive.
Engaging with art, learning about the world, and knowing oneself are inseparably linked.
Aichi Triennale 2022, an arts festival that brings together contemporary art from all over the world including Europe, America, the Asia-Pacific, Latin America, and Africa, is an opportunity to encounter the works of many artists from many regions, and to see and think about things from many perspectives. We see the entire scope of these processes ‒ broadening and deepening our understanding of the world, and conversely turning inward to re-examine ourselves ‒ as "learning," and offer programs to facilitate it.
By learning through art, every one of us can acquire the power to grapple with the unforeseeable events that will surely continue to occur, to live in the present moment, and to realize a world open to myriad future possibilities.

Leaning Curatorial Team

【Concepts】

  1. Inclusion: By actively participating, each person can feel that they are being celebrated.
  2. Affirmation of Diversity: People can engage with diverse ways of being ALIVE expressed by artists living and working today, and share their points of view.
  3. Learning About Ourselves and the World: By learning about the historical and cultural background of the Aichi region and seeing things from specific, local vantage points, people can prepare to engage with perspectives on the world through a wide range of works brought together from around the globe.

【Programs】

Phase 1 : From August 2021
Build basic capacity to interpret art through research on the history and culture of Aichi and the origins and development of art festivals, etc.
Phase 2 : From April 2022
Deepen understanding of exhibited works through interaction with participating artists.
Phase 3 : During Triennale
Proactively carry out activities that connect works of art with society.

Participatory Programs [for all]

Various research activities and learning programs will be pursued in collaboration with local residents, specialists, and artists.

  • "Art History Classes Taught by Artists," to cultivate ability to read the narrative of art history from diverse vantage points (Phase 1)
  • "Unraveling the 'Arts Festival': Modernization and the Expo, Olympics, and Art Festivals": Examining arts festivals from a historical perspective (Phase 1)
  • "Research to Get to Know Aichi and the World": Exploring the mysteries of what the world is, while clarifying where we currently stand (Phases 1-3)
  • "Knowing Me, Knowing You: Alternative Art School / Learning Program Research to Understand Art of the World ": Sharing alternative learning approaches from around the world (Phases 2-3)

School Programs [for schools]

We offer training programs for educators and group viewing programs for children/students, and partner with local educational institutions. (Phases 1-3)

Volunteer Programs [for volunteers]

Through volunteer training, we will share approaches to "interactive appreciation" and aim to create an arts festival where visitors thus far unfamiliar with art can enjoy artworks while engaging in dialogue. (Phases 1-3)