アーティスト

ケイリーン・ウイスキーKaylene Whiskey

  • 1976年ムバントゥア(豪州)生まれ。
  • インドゥルカナ(豪州)拠点。
  • ※ムバントゥア(Mparntwe)は東アランダ語でアリススプリングスを指す。

オーストラリアの先住民族コミュニティで現代生活を送るケイリーン・ウイスキーは、アナング族の伝統文化とポップ・カルチャーを掛け合わせた作品を制作。長老たちの伝統文化と、コカ・コーラやミュージック・ビデオの影響を受けて育った若い世代たちの経験を遊び心たっぷりに結びつけている。

例えばドリー・パートンやティナ・ターナーといった象徴的アイコンを描くことで英雄的女性やシスターフッド(女性の絆)を称えながら、彼女らを人里離れたコミュニティの砂漠の風景に移植し、自生する植物や野生動物と交流させたり、狩猟、ブッシュ・タッカー(先住民族アボリジニーが伝統的に利用している同国原産の動植物)の採取、ミンクルパ(自生するタバコの木)の栽培など、伝統的なアナング族の活動に従事させたりもする。ロック、ポップス、カントリーのサウンドに合わせて制作された破天荒なユーモアに溢れるウイスキーの作品は、異文化や異世代など大きく隔たる全ての人々を招き入れながら、みんなで楽しもう!と呼びかける。

  • 《セブン・シスターズ・ソング(Seven Sisters Song)》 2021
  • ビクトリア州立美術館蔵
  • Courtesy of the artist, Iwantja Arts and Roslyn Oxley9 Gallery