今、を生き抜くアートのちから

ARTISTSアーティスト

トラジャル・ハレルTrajal Harrell

  • アテネ(ギリシャ)、チューリヒ(スイス)、ジョージア州(米国)拠点。

AC50a

AC50b

振付家、ダンサー、研究者として、世界の複数の都市を拠点に活動するトラジャル・ハレル。ダンスの歴史、とりわけ1960年代のニューヨークで生まれたポストモダンダンスやヴォーギング、さらに日本で生まれた舞踏を交差させた独自の振付で、21世紀のダンスシーンを更新する最重要振付家の一人だ。彼の舞台は、ダンス史への仮説的な問いと再構築から理論的に生成される振付、ファッション史へのオマージュと引用で彩られる衣装、ハレル自らが選曲・編集する音楽、作品に関連するオブジェや資料アーカイブを展示し販売するショップによって構成され、それらの要素がグルーヴしながら見る者の感覚を解放し、ダンスを見るという経験そのものをラディカルに変容させる。2019年からはスイスのチューリヒ市立劇場のレジデント・アーティストであり、同劇場のダンス・アンサンブルの初代演出家として、次々と話題作を世に送り出している。

そのハレルにとって特別な存在が、舞踏の創始者である土方巽(1928–1986)だ。2013年より継続してきた舞踏研究とその再解釈が、ついに2022年7月に初演される最新作『シスター あるいは 彼が体を埋めた ─ Sister or He Buried the Body』として結実する。ここでいうシスターは、土方巽が自叙伝『病める舞姫』で言及した病気の姉なのか、それともダンス史の中で忘れられたダンサーの存在なのだろうか。さらにハレルは土方とファッションデザイナーの川久保玲を、ありえたかもしれない歴史の線でつなぐ。私たちは、ハレルが自身の身体と身振りを媒介に「土方巽をヴォーギングする」特別な瞬間に立ち会うことになるはずだ。
さらに今回は2019年のソロ作品『Dancer of the Year』とのダブルビル上演を行う。2017年に同名の賞を受賞したハレルは、ダンサーとは何者か、その特権性や美学について再考察しながら、これまで受容してきたダンス史そのものを、自らの身体に通過させていく。

※ヴォーギング
1960年代にニューヨークの有色人種とラテン系のLGBTコミュニティから生まれたダンスのスタイル。ファッション誌『VOGUE』に由来し、モデルがランウェイでポーズを決めるように、ポージングの連続と反復で魅せる身振りが特徴的。

主な作品発表・受賞歴
2021
『Dancer of the Year and Dancer of the Year Shop 』サンパウロ・ビエンナーレ、サンパウロ(ブラジル)
2019
『Dancer of the Year and Dancer of the Year Shop 』カナル・ポンピドゥーセンター、ブリュッセル(ベルギー)
2017
『Hoochie Koochie』バービカンセンター、ロンドン(英国)
2016
『Caen Amour』アヴィニョン演劇祭、アヴィニョン(フランス)
2013
『Used Abused and Hung Out to Dry』MoMA、ニューヨーク(米国)
2012
『Antigone Sr./Twenty Looks or Paris is Burning at The Judson Church(L)』ニューヨーク・ダンス・アンド・パフォーマンス・アワード(ベッシー賞)(米国)

公演情報

『シスター あるいは 彼が体を埋めた ─ Sister or He Buried the Body』

ダンス

AC50a

  • Photo: Orpheas Emirzas
日時
7月30日()13:00
7月31日()18:00

◆= 託児サービスあり

上演時間
30分
チケット料金
一般 1,500円
U25 1,000円
2演目セット券 3,000円

・当日券は、一般・U25一律で、+500円となります。

注意事項
未就学児入場不可
託児サービス
利用料:
児童1人につき、1,000円
対象:
3歳から就学前までの児童
詳細はこちら
会場・アクセス
愛知県芸術劇場 小ホール (B1)
  • 東山線または名城線「栄」駅下車 徒歩5分
  • 瀬戸線「栄町」駅下車 徒歩5分

公演情報

『ダンサー・オブ・ザ・イヤー』

ダンス

AC50b

  • Photo: Jeff Busby
日時
7月30日()17:00
7月31日()13:00

◆= 託児サービスあり

上演時間
55分
チケット料金
一般 2,000円
U25 1,500円
2演目セット券 3,000円

・当日券は、一般・U25一律で、+500円となります。

注意事項
未就学児入場不可
託児サービス
利用料:
児童1人につき、1,000円
対象:
3歳から就学前までの児童
詳細はこちら
会場・アクセス
愛知県芸術劇場 小ホール (B1)
  • 東山線または名城線「栄」駅下車 徒歩5分
  • 瀬戸線「栄町」駅下車 徒歩5分

関連情報

関連動画
関連写真
  • Photo: Orpheas Emirzas