名古屋駅と名古屋城のほぼ中間に位置し、下町の情緒を残す町並みのある地区。
「四間道町並み保存地区」の中心的な存在で江戸時代から続く伊藤家住宅(県指定文化財)をはじめ、土蔵や伝統的な建造物が現在も残る四間道周辺や、東西500メートルにわたるアーケードの下に飲食店や日用品店が軒を連ねる「円頓寺商店街」「円頓寺本町商店街」沿いの建物などで展示予定。

円頓寺、四間道