アレハンドロ・ホドロフスキー
『ホドロフスキーのサイコマジック』

  • © Pascale Montandon-Jodorowsky

アレハンドロ・ホドロフスキー監督最新作として完成した『ホドロフスキーのサイコマジック』は、彼自身が考案した心理療法「サイコマジック」の、実際の診療の様子を紹介する映画体験。過去の監督作品の映像素材も加え、ホドロフスキー映画における数々のシーンが、いかに「サイコマジック」という技法によって貫かれているかが解き明かされてゆく。彼は、自身をフロイトと対置した上で、「サイコマジック」は科学が基礎とされる精神分析的なセラピーではなく、アートとしてのアプローチから生まれたセラピーであると語る。長年にわたり個人のトラウマに応答する一方、社会的な実践「ソーシャル・サイコマジック」を展開する様子を提示する。

アレハンドロ・ホドロフスキー

  • 1929年トコピージャ(チリ)生まれ
  • パリ(フランス)拠点
  • © Pascale Montandon-Jodorowsky

映画監督、詩人、舞台演出家、コミック作家として活動しながら、タロットや禅、瞑想などにも積極的に取り組み、世界中に熱狂的なファンを抱える。ニューヨークの深夜上映で火がついた『エル・トポ』(1970)で、ジョン・レノンやアンディ・ウォーホルらから熱烈な支持を得る。その後『ホーリー・マウンテン』(1973)、『サンタ・サングレ/聖なる血』(1989)を発表し、カルト界の巨匠としての確固たる地位を築く。近作の『リアリティのダンス』(2013)、『エンドレス・ポエトリー』(2016)では、作家自身のルーツを掘り下げた自伝的映画を制作。現在、この自伝的三部作の完結編となる新作映画制作を準備中。

主な作品発表・受賞歴

2016
『エンドレス・ポエトリー』
2013
『リアリティのダンス』
1989
『サンタ・サングレ/聖なる血』
1973
『ホーリー・マウンテン』
1970
『エル・トポ』