U-zhaan

『Chilla: 40 Days Drumming』

会場:
四間道・円頓寺
公演日:
8月1日(木)〜9月9日(月)
  • 8月5日、19日、26日、9月2日、9日は非公開
時間:
10:00〜20:00(公開は12:00〜20:00)
料金:
無料

チッラー(Chilla)とは、北インドの古典音楽家に伝わる厳格な修行である。日常の煩わしさから離れ、40日間小屋に篭って演奏に没頭することで、音楽家は自身の奏でる音楽そのものに迫る。これに倣い、日本を代表するタブラ奏者U-zhaanが、トリエンナーレ開幕とともに毎日10時間の修行を40日間続け、その様子を一般公開する。

U-zhaan(ユザーン) プロフィール

18歳でインドの太鼓・タブラと出会い、世界的タブラ奏者のオニンド・チャタルジー、ザキール・フセインに師事。2000年から2010年までASA-CHANG&巡礼に参加。2011年にレイ・ハラカミとのコラボレーションアルバム『川越ランデヴーの世界』をリリース後、2014年には初のソロアルバム『Tabla Rock Mountain』を発表。ヒップホップやポップス、ジャズ、エレクトロニカなど、ジャンルを超えたコラボレーションを行うことで知られる。またインド修行中のTwitter投稿を収めた『ムンバイなう。』『ムンバイなう。2』が好評を集めるほか、ベンガル料理本の監修など、多彩な活動を展開。

  • Photo: Takehiro Goto