アーティスト

バリー・マッギーBarry McGee

  • 1966年サンフランシスコ(米国)生まれ。
  • サンフランシスコ(米国)拠点。

サンフランシスコ芸術大学の絵画・版画専攻卒業。アーバン・リアリズム、グラフィティ、アメリカン・フォーク・アートの影響を主に受けた社会的なムーブメント「ミッション・スクール」と関わる。作品はいずれも、現代社会に対する率直で本質を捉える観察力で制作され、「ツイスト」(グラフィティ用の署名)時代から世界的アーティストとなった現在に至るまで、社会の周縁にあるコミュニティに能動的に貢献するという目的が一貫している。

個展をプラダ財団(ミラノ、イタリア)、ハマー美術館(ロサンゼルス、米国)、カリフォルニア大学バークレー美術館&パシフィック・フィルム・アーカイブ(米国)、ボストン現代美術館(米国)、フォートワース近代美術館(テキサス州、米国)、ワタリウム美術館(東京)、サンタバーバラ現代美術館(カリフォルニア州、米国)で開催。

  • リボーンアート・フェスティバル2019(宮城県)の展示風景
  • Photo: Nori Ushio
  • © Barry McGee; Courtesy of the artist, Perrotin, and Reborn Art Festival