アーティスト

小杉 大介Daisuke Kosugi

  • 1984年東京都生まれ。
  • オスロ(ノルウェー)拠点。

小杉は、オスロ芸術大学卒業後、映像作品を中心に、彫刻、インスタレーション、パフォーマンスやテクストなどを通じて、社会を制御する制度や規律の中で揺れ動く個の主体性を探求してきた。身体的または精神的痛みの伝達可能性を問う彼の作品は、物語の描写や、感情移入を促すような表現からは慎重に距離をおく。小杉の作品を構成する、記憶と現実と想像の境界を揺るがすかのような風景は、個が生きている時間や空間に接近し、到達することのない内的領域の存在を示唆する。

近年の主な個展にジュド・ポーム国立美術館(2019年、パリ、フランス)、国際展には光州ビエンナーレ(2016年、韓国)など。国内では2021年に東京都現代美術館の「MOTアニュアル2021 海、リビングルーム、頭蓋骨」にて紹介される。

  • 《グッドネーム(バッドフレーズ)》 2017
  • Photo: Kjell Ove Storvik/LIAF 2017
  • Courtesy of the artist