アーティスト

ファニー・サニンFanny Sanín

  • 1938年ボゴタ(コロンビア)生まれ。
  • ニューヨーク(米国)拠点。

コロンビアの傑出した抽象画家で、過去50年で重要な芸術家の一人だとされる。ロス・アンデス大学1960年卒業、コロンビア)で非具象に目覚める。イリノイ大学を経て、1963年にメキシコに移り、最初の展覧会(1964年、モンテレイ/1965年、メキシコシティ)と最初の美術館展を開催(1965年、ボゴタ)。ロンドンでの生活(1966年)が作品をより抽象化させる。ニューヨーク近代美術館の巡回展「The Art of the Real」グラン・パレ(1968年、パリ、フランス)で幾何学的な作風を確立。1971年からニューヨーク在住。ヒューストン美術館、ニューヨーク大学IFA、スミソニアン・アメリカ美術館、ワシントン国立女性美術館、ロサンゼルス郡美術館、バークレー美術館、コロンビア国立美術館、ボゴタ近代美術館、メキシコ近代美術館など、米国、南米、欧州の美術館が作品を所蔵。2019年に作品集『ファニー・サニン:色と構造の具体的な言語』を出版。

  • 《アクリル No.1》 2021
  • Courtesy of the artist