アーティスト

石黒 健一Ishiguro Kenichi

  • 1986年神奈川県生まれ。
  • 京都府及び滋賀県拠点。

歴史的主題や物質などの土地に根差した事象を資源として扱い、それらの結節点として彫刻や映像を制作。鉱物や失われゆく技術への関心を軸に、これまで出会うことがなかった各対象が関係するようなインスタレーションを展開している。

近年の主な展示に「余の光/Light of My World」旧銀鈴ビル(2021年、京都)、「Soft Territory かかわりのあわい」滋賀県立美術館(2021年)、「Sustainable Sculpture」駒込倉庫(2020年、東京)、「本のキリヌキ」瑞雲庵(2020年、京都)などがある。また、2014年に京都と滋賀の県境に位置する「山中suplex」を共同で立ち上げ、現在も同スタジオを拠点に活動している。

  • 《石貨の島と我が彫刻》 2020
  • Photo: ニコラス・ロック