アーティスト

カズ・オオシロKaz Oshiro

  • 1967年沖縄県生まれ。
  • ロサンゼルス(米国)拠点。

高校卒業後ロサンゼルスに渡り、カリフォルニア州立大学で1998年と2002年にそれぞれ文学士と美術学修士を取得。ポップアートやミニマリズム、抽象的表現主義などを参考にしながら、それらの思想を独自に展開し、立体と平面、抽象と具象、リアリティとイリュージョンなど、さまざまな二項対立の上に立って、「絵画」と「芸術」の本質を探っている。トロンプルイユ(だまし絵)のテクニックを用い、キャビネット、スーツケース、アンプ、鉄骨などをキャンバスで忠実に再現し、観る者を惑わせながらも魅了する。国内外で精力的に展示を続けており、2014年にはロサンゼルス・カウンティ美術館(米国)で個展「Chasing Ghosts」も開催された。

  • 《オレンジスピーカーキャビネットとグレースケールボックス》 2009
  • Photo: Naohiro Utagawa
  • Courtesy of MAKI Gallery