アーティスト

小寺 良和Kodera Yoshikazu

  • 1957年愛知県生まれ。
  • 愛知県拠点。

小寺良和は40年近く、福祉施設で生活しながら作陶を続けている。戦争のニュース映像に強い衝撃を受けたことが発端になり、爆弾をかたどったシリーズを長年制作している。ただし、小寺の作る「バクダン」シリーズは多くの突起や穴を備え、あたかも木の根や海洋生物のような形をしている。恐ろしさ以上に不敵なユーモアを同時に感じさせる点が特徴である。1999年より特定非営利活動法人フロール会の主催する公募展「生(いのち)の芸術 フロール展」(1999年~2008年)に毎年出展。愛知県知的障害児者生活サポート協会による公募展「ふれあいアート展」(2008年~)の第8回と第9回にて名古屋市社会福祉協議会会長賞、第10回に大賞を受賞する。また、「あいちアール・ブリュット展優秀作品」(2014年~)への選出も重ねている。

  • 《バクダン》 制作年不明
  • Photo: 城戸保