アーティスト

鯉江 良二Koie Ryoji

  • 1938年愛知県生まれ。
  • 愛知県および岐阜県を拠点に活動。2020年愛知県にて没。

生地の常滑市で土管工場でのアルバイトで初めて土に触れて以降、常滑高等学校窯業科を卒業後はタイル製造業に携わりながら陶を学び、1966年には常滑市立陶芸研究所から独立した。自分の顔をかたどった《土に還る》シリーズ(1971年)や、反核を訴えた《証言》(1973年)、《チェルノブイリ》シリーズ(1989-90年)など、社会への強いメッセージを核に据えた作品を発表した。金属やガラスなど多様な素材を用いて制作しながらも、土を炎で焼くという行為を問い直し続け、因習的な「陶芸」の枠にとどまらない活動は、国内外で高く評価されている。「現代の陶芸 I いま、土と炎で何が可能か」山口県立美術館(1982年)、「現代の陶芸 1950-1990」愛知県美術館(1993年)などをはじめとした数々の展覧会に参加。

  • 《チェルノブイリ》シリーズ
  • 1989-1990
  • 愛知県陶磁美術館蔵