アーティスト

リリアナ・アングロ・コルテスLiliana Angulo Cortés

  • 1974年ボゴダ(コロンビア)生まれ。
  • ボゴダ(コロンビア)拠点。

アフリカ系アーティスト、リリアナ・アングロ・コルテスは、コロンビア国立大学卒業後、イリノイ大学シカゴ校にて美術の修士号を取得。様々な地域のアフリカ人ディアスポラで活動し、グループ型の手法と批判的な芸術実践を通じてアフリカ系コミュニティの抱える困難を浮き彫りにすることを目指す。

彼女は、表象やアイデンティティにまつわる問いや、人種や脱開発論についての議論に関する問いから、記憶や権力のあり様を考察する。それらの課題と向き合うため、プロジェクトに参加する人々の身体や、イメージ、経験を通して、ジェンダー、民族性、言語、歴史、政治について考えていく。彼女の芸術実践は、複数のメディア、パフォーマティブな活動、文化的慣習、歴史的賠償、また社会組織との共同制作などの要素を包含する。これまでコロンビア国内外で個展やグループ展に参加。芸術活動は必要不可欠であるという理解のもと、芸術分野のあらゆる側面で活躍する。ボゴタ市の文化部門とも協働したことがある。

  • 《Un negro es un negro》 「Porters Wigs」シリーズ、1997-2001
  • Courtesy of the artist