アーティスト

ローター・バウムガルテンLothar Baumgarten

  • 1944年ラインスベルグ(ドイツ)生まれ。
  • ベルリン(ドイツ)、ニューヨーク(米国)を拠点に活動。2018年ベルリン(ドイツ)にて没。

バウムガルテンの作品は、民族学的・人類学的な考察から、見るものがそこにある課題に対峙する空間を創り出す。様々なメディアを使い、残すことができない彫刻作品、スライド投影を用いた作品、映像、音による作品、作品としての本、あるいはサイト・スペシフィックな作品や壁画を通して、記憶や表象にまつわる視覚や言語に基づく諸制度について思索を続けた。1977年から80年にかけて、ベネズエラとブラジルの国境地帯に住むヤノマミ族と共に過ごす。その経験は、1960年代後半から70年代にかけての想像上の旅や風景を扱った作品から、その後の文化的差異を検証する作品へと移行するきっかけともなった。

第41回ヴェネチア・ビエンナーレ(1984年、イタリア)にドイツ代表として招待され、金獅子賞を受賞。世界の主要美術館で個展を開催し、ドイツのカッセルで開催されるドクメンタには、第5回(1972年)、第7回(1982年)、第9回(1992年)、第10回(1997年)に参加した。

  • 《Tetrahedron》 1968
  • © Lothar Baumgarten Estate, VG Bild Kunst