今、を生き抜くアートのちから

ARTISTSアーティスト

1961年東京藝術大学楽理科卒業。在学中より級友達と「グループ・音楽」を結成し、テープ音楽の制作や即興演奏を行う。1964年渡米し、フルクサスの活動に参加。1965年スペイシャル・ポエムのシリーズを開始。帰国後は、イヴェントをパフォーマンス・アートとしても発展させる。1970年大阪へ移住。1990年ヴェネチアのフルクサス・フェスティバルに参加したことから、国内外での多数のフルクサスの企画に携わるようになる。1990年代には電子テクノロジーに興味を持ち、パフォーマンスに取り入れる。以後、音楽やパフォーマンス作品の作曲、視覚作品の制作など、活動は多岐にわたる。2014年より京都市立芸術大学・芸術資源研究センター特別招聘研究員。

現代美術展では、国内複数の美術館から集まった「スペイシャル・ポエム」(1965-75年)のシリーズに関する出版物や資料9点と合わせて、新作となる『スペイシャル・ポエム:移動のイヴェント』(2022年版)が展示される。

パフォーミングアーツ公演では、1966年から2022年(新作)までのイヴェント作品から、塩見自身が芸術祭のテーマに合わせて上演作品を選び、「詞と概念を演奏する」、及び「ピアノ×パフォーマンス」の2プログラムを上演する。

主な作品発表・受賞歴
2014
「フルクサス・イン・ジャパン 2014」東京都現代美術館、東京
2013
「塩見允枝子とフルクサス」国立国際美術館、大阪
2001
「フルクサス裁判」国立国際美術館、大阪
1995
個展「フルクサス・バランス&バランス・ポエム」J&Jドンギュイ画廊、パリ(フランス)
1994
『フルクサス・メディア・オペラ』ジーベックホール、神戸
1990
フルクサス・フェスティバル、ヴェネツィア(イタリア)

展示情報

AC09

コロナ禍下で世界中の人々の移動が制限されるなか、郵送という方法を使ったメール・アートが再び注目されました。1960年代にニューヨークから欧州や日本に拡がった前衛芸術運動フルクサスでも、流動性、移動、変化に言及した手法として使われています。

塩見允枝子は東京藝術大学楽理科を卒業。在学中の1960年に小杉武久、刀根康尚らと「グループ・音楽」を結成。1964年に渡米してフルクサスに参加しました。翌年始めた「スペイシャル・ポエム」シリーズでは、さまざまなインストラクション(指示)を各地のアーティストや知人に郵送し、「1:ことばのイヴェント」「2: 方向のイヴェント」「3: 落下のイヴェント」「4: 影のイヴェント」「5: 開くイヴェント」「6: 軌道のイヴェント」「7: 音のイヴェント」「8: 風のイヴェント」「9: 消えるイヴェント」という9回のイヴェントを10年にわたって実施。約230名が参加しました。参加者によるオリジナル・レポートは今も残されているほか、1から4までは関連するマルチプルも存在、5から9に関しては1から4と共に書籍にまとめられています。これらの資料は、まだインターネットの無かった時代に、アーティストがグローバルに繋がっていたことを高揚感とともに伝えてくれます。

本展では、新たな「スペイシャル・ポエム:移動のイヴェント(2022年版)」を実施。「何かを移動させてください。いつ、何を、何処から何処へ、どのように移動させたかを知らせてください」というインストラクションに、芸術祭の参加アーティストを含む61名が応答しています。コロナ禍で改めて考えさせられた「移動」の多様なあり方が、50年という時間を超えて新バージョンとして蘇り、世界地図上に配置され、展示されています。

  • 《スペイシャル・ポエム全集/本》 1976
開館時間
10:00-18:00(金曜日は20:00まで)

※入館は閉館の30分前まで

休館日
月曜日(祝休日は除く)
会場・アクセス
愛知県美術館(10F)
  • 東山線または名城線「栄」駅下車 徒歩3分
  • 瀬戸線「栄町」駅下車 徒歩3分

公演情報

塩見 允枝子パフォーマンス作品『〜音と詞と行為の時空〜』
「詞と概念を演奏する」

音楽

パフォーマンス

AC53a

  • 写真提供: 野営地
日時
8月6日(土)10:30 / 15:00
上演時間
45分
チケット料金
一般 2,000円
U25 1,500円
2演目セット券 3,000円

・当日券は、一般・U25一律で、+500円となります。

注意事項
未就学児入場不可
会場・アクセス
愛知県芸術劇場 大リハーサル室 (B2)
  • 東山線または名城線「栄」駅下車 徒歩5分
  • 瀬戸線「栄町」駅下車 徒歩5分
公演パンフレット
公演終了後に公開
公演パンフレット
公演終了後に公開
キャスト・スタッフ
出演:
植松琢麿
大井卓也
上中あさみ
中村圭介
橋爪皓佐
橋本玲子
森本ゆり
山根明季子

公演情報

塩見 允枝子パフォーマンス作品『〜音と詞と行為の時空〜』
「ピアノ×パフォーマンス」

音楽

パフォーマンス

AC53b

  • Photo: 前澤秀登
  • 提供: 東京都現代美術館
日時
8月6日(土)12:00 / 16:30
上演時間
45分
チケット料金
一般 2,000円
U25 1,500円
2演目セット券 3,000円

・当日券は、一般・U25一律で、+500円となります。

注意事項
未就学児入場不可
会場・アクセス
愛知県芸術劇場 大リハーサル室 (B2)
  • 東山線または名城線「栄」駅下車 徒歩5分
  • 瀬戸線「栄町」駅下車 徒歩5分
公演パンフレット
公演終了後に公開
キャスト・スタッフ
出演:
植松琢麿
大井卓也
上中あさみ
中村圭介
橋爪皓佐
橋本玲子
森本ゆり
山根明季子

関連情報

関連動画