今、を生き抜くアートのちから

ARTISTSアーティスト

スティーヴ・ライヒSteve Reich

  • 1936年ニューヨーク(米国)生まれ。
  • ニューヨーク(米国)拠点。

AC51

ジュリアード音楽院、ミルズ・カレッジにて音楽を学ぶ。ダリウス・ミヨー、ルチアーノ・ベリオらに師事。それ以前にはコーネル大学にてルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインの哲学を学んでいる。1965年テープ作品《イッツ・ゴナ・レイン》、1966年《カム・アウト》発表。1966年より自身のアンサンブルを結成し、世界各国で演奏活動を行う。1991年、自身のアンサンブル「スティーヴ・ライヒ・アンド・ミュージシャンズ」で初来日し、東京と大阪でコンサートを行う。1997年には、複雑なユダヤ教/キリスト教/イスラム教の関係をテーマに据えた『ザ・ケイヴ』を映像作家のベリル・コロットと制作し、東京でも来日公演を行う。音楽というジャンルを超え、広くアートに多大な刺激を与え続ける現代作曲家の一人である。

今回は、《ダブル・セクステット》《ディファレント・トレインズ》を中心に、中世から現代に至るさまざまな音楽や、ヴィジュアルアート、コンセプチュアル・アート、コンテンポラリー・ダンスなどとも深いつながりのあるライヒの代表作にあらためて光を当てる。彼の作品が有する音楽性と今日性を十全に体感できるコンサートを、ライヒの音楽を敬愛する経験豊富な精鋭日本人演奏家により行う。

※スティーヴ・ライヒ氏本人の来日はございません。

主な作品発表・受賞歴
2009
《ダブル・セクステット》ピューリッツァー賞(米国)、音楽部門受賞
2006
第18回高松宮殿下記念世界文化賞、音楽部門受賞
1990
《ディファレント・トレインズ》グラミー賞(米国)、最優秀コンテンポラリー・ミュージック賞受賞

公演情報

『スティーヴ・ライヒ〜スペシャル・コンサート』

音楽

AC51

  • Photo: Jeffrey Herman
日時
7月30日()19:00
7月31日()15:00

◆= 託児サービスあり

上演時間
120分(休憩あり)
チケット料金
一般 4,500円
U25 3,000円

・当日券は、一般・U25一律で、+500円となります。

注意事項
未就学児入場不可
※出演者及び一部演奏形式の変更があります。詳細はこちら
託児サービス詳細
利用料:
児童1人につき、1,000円
対象:
1歳から小学校就学前までの児童(感染症に罹患、または発熱などの症状があるお子様のお預かりはできません。)
お申込み:
オフィス・パレット株式会社
052-562-5005、0120-353-528(平日9:00-16:00、土曜日9:00-12:00)
申込み締切:
7月22日(金)16:00まで
会場・アクセス
名古屋市芸術創造センター
  • 地下鉄東山線「新栄町」駅下車 徒歩3分
  • 地下鉄桜通線「高岳」駅下車 徒歩5分
公演パンフレット
曲目
ピアノ・フェイズ(1967)
ヴァーモント・カウンターポイント(1982)
ディファレント・トレインズ(1988)
エレクトリック・カウンターポイント(1987)
ダブル・セクステット(2007)
キャスト・スタッフ
出演:
中川賢一(ピアノ)
若林かをり(フルート)*
石上真由子(ヴァイオリン)*
島田真千子(ヴァイオリン)
早田類(ヴィオラ)
福富祥子(チェロ)*
山田岳(エレクトリックギター)
上田希(クラリネット)*
畑中明香(ヴィブラフォン)*
有馬純寿(エレクトロニクス)

*= アンサンブル九条山

監修:
スティーヴ・ライヒ
協力
名古屋市芸術創造センター

関連情報

関連動画
関連写真