アーティスト

シアスター・ゲイツTheaster Gates

  • 1973年シカゴ(米国)生まれ。
  • シカゴ(米国)拠点。

シアスター・ゲイツは彫刻、パフォーマンス、そして空間理論や土地開発に従事した作品を創り出している。彼の作品では、コミュニティなどの集団的願望、芸術の主体性、実践主義的な戦略から定義される黒人文化の空間がテーマになっている。

世界各地で作品を発表するゲイツは、2021年王立英国建築家協会にて名誉研究員に選抜されたほか、受賞歴に第26回クリスタル賞(2020年、スイス)、J.C. Nichols Prize for Visionaries in Urban Development(2018年、米国)、ナッシャー彫刻賞(2018年、米国)など多数。シカゴ大学視覚芸術学部の教授を務め、同学の文化革新シニア・アドバイザーを兼任する。

2010年には、非営利財団リビルド・ファウンデーションをシカゴのサウスサイド地区に設立。アートや文化の発展、地域改革を目的に、無料アートプログラムなどを通じ、アーティストの支援やコミュニティの活性化も展開している。

  • 《アフロ・イケバナ》 2019
  • © Theaster Gates Photo: Theo Christelis, Image courtesy of White Cube