アーティスト

うら あやか小山 友也URA Ayaka+KOYAMA Yuya

「勝手に測る、挟まる、抜け出す」

展覧会やアート作品とその周りにある状況を見て、自分で考える術として表現をやってみる、10代から20代に向けたプログラム。社会とは何で、自分たちとどう関係しているのか。街や美術館で作品を観察したり、表現したりしながら関係性を測り、その関係の中に自分がどう挟まっているのかを確かめ「勝手にやる」方法をアートから学ぶ。芸術祭会期中には、参加者が企画したワークショップや配信などのイベントを実施。 うらあやか、小山友也はそれぞれ神奈川県を拠点として、それぞれのアーティスト活動を通し、集まりやラーニング領域において研究、発表を重ねている。それぞれ東京造形大学CSLAB、Ongoing School、森美術館Meet the Artists、などでワークショップやクラスを展開。

うら あやか

  • 1992年神奈川県生まれ。
  • 神奈川拠点。

集まりのあり方を検討。ワークショップなど参加型の作品を多く制作。美術関係者の女性たちのネットワーク「female artists meeting」の企画と運営。CSLAB管理人。

  • 《差異と差別、何も関係のない、切り離された、別の仕事(塩っぱいアイスクリームショップ)》 2019

小山 友也

  • 1989年埼玉県生まれ。
  • 神奈川拠点。

交感の仕方から抽出したりブレンドしたりして、既存の枠組みに従属している身体の可視化と侵食によって、未来を模索する。

  • 《一緒に歩く/労働や余暇の身振りについて》 2018